仮面ライダーライア

「俺の占いは当たる。」

【ライダー名】 仮面ライダーライア
【読み方】 かめんらいだーらいあ
【変身者】 手塚海之
【スペック】 パンチ力:200AP(約10t)
キック力:300AP(約15t)
ジャンプ力:ひと跳び40m
走力:100mを5秒
【召喚機】 飛召盾エビルバイザー
【契約モンスター】 エビルダイバー
【所有カード】 アドベント-契約モンスターの召喚
スイングベント-エビルウィップの召喚
コピーベント-相手の使う武器をコピーする。
ファイナルベント-ハイドベノンの発動
【登場作品】 仮面ライダー龍騎(2002年)
仮面ライダーディケイド(2009年)
【初登場】 第13話「その男ゾルダ」

【詳細】

エイ型ミラーモンスター・エビルダイバーと契約した者がカードデッキをVバックルに装填して変身するミラーライダー。

相手の武器をコピーしたり、スイングベントにより召喚される「エビルウィップ」による中距離戦を得意としている。
エビルバイザーは攻撃を防ぐ盾として使うのも可能。

必殺技はエビルダイバーの背中に乗って高速の体当たりする「ハイドベノン」。破壊力は5000AP(約250t)。

元々は芝浦淳が変身する「悪のライダー」としてデザインされていた。
狡賢そうなツリ目を持っており、名前にもライア(詐欺師)、「エビル」(邪悪)ダイバー、ハイド「ベノン」(蠍の毒)といった悪役らしい単語が含まれている。
また、放送当時発売されたアドベントカードの玩具でも 「気を付けろ!」 というボイスが設定されている。

更に、冊子「宇宙船」104号に「もしも手塚が『SURVIVE-疾風-』のカードを蓮に渡さず自身で使用していたら」というコンセプトの下、
デザインされたサバイブ形態があり、そのデザインに人気が出たため、後にフィギュア化されている。