仮面ライダークウガ ライジングタイタン

【ライダー名】 仮面ライダークウガ ライジングタイタンフォーム
【読み方】 かめんらいだーくうが らいじんぐたいたんふぉーむ
【変身者】 五代雄介
【スペック】 パンチ力:タイタンフォームの数倍
キック力:タイタンフォームの数倍
ジャンプ力:不明
走力:不明
【基本フォーム】 仮面ライダークウガ タイタンフォーム
【登場作品】 仮面ライダークウガ(2000年)
【初登場】 第24話「強化」

【詳細】

メ・ギノガ・デの毒によって仮死状態に陥った五代雄介が電気ショックを受けたことによって発現した仮面ライダークウガ タイタンフォームの強化形態。
変化が不安定だったため、科警研で行った特訓を経て変身が可能になった。

タイタンフォームの特徴たる腕力を始めとして全身の筋力が大幅に強化され、専用武装のタイタンソードもライジングパワーを秘めた刀身が追加されたことで巨大になった。
超古代の碑文に記述がないことから雄介は現代オリジナルバージョンだと推測していたが、
実際には電気ショックによってアマダムが刺激され、アルティメットフォームの力をごく一部であるが使用できるようになるという現象だった。

最初は30秒しか変身できず、それ以上変身しているとグローイングフォームになってしまっていたが、後にもう一度電気ショックを受けてアメイジングマイティへの変身を獲得した際に時間制限はなくなっている(もう終盤で、時間制限のなくなったライジングフォームが活躍することはなかった。)。

必殺技はライジングタイタンソードで相手を貫き封印エネルギーを流し込む「ライジングカラミティタイタン」。
ゴ集団の中でも屈指の強豪「ゴ・ジャーザ・ギ」に対しては二刀流で行う「ダブルライジングカラミティタイタン」を使用した。