仮面ライダータイラント ドラゴンエナジーアームズ

「ドラゴンエナジーアームズ!」

【ライダー名】 仮面ライダータイラント ドラゴンエナジーアームズ
【読み方】 かめんらいだーたいらんと どらごんえなじーあーむず
【変身者】 アルフレッド
【モチーフ】 西洋+ドラゴンフルーツ
【鎧カラー】
【スペック】 パンチ力:18.3t
キック力:21.2t
ジャンプ力:ひと跳び18m
走力:100mを6.9秒
【声/俳優】 河相我聞
【スーツアクター】 藤井祐伍
【登場作品】 鎧武/ガイム外伝 仮面ライダーバロン(2015年)

【詳細】

アルフレッドがゲネシスドライバーとドラゴンフルーツエナジーロックシードを用いて変身した次世代型アーマードライダー。
ソニックアローを武器とし、弓矢としてではなく刃として激しい接近戦を得意とする。

タイラントとは暴君を意味し、歪曲した角や仮面ライダーとしては珍しい4つの複眼など禍々しい外見をしている。
素体そのものは洋風ライダーと同一であり、身に纏うアームズは仮面ライダーデューク ドラゴンエナジーアームズとほぼ同じ外見をしているが、
前垂れと左胸にあった「デュークの紋章」がなく、デュークが纏った際は右肩を覆う大型アーマーだったのに対し小型化され両肩のアーマーが同形状になっているという相違点がある。

次世代型アーマードライダーではあるが、本編中では圧倒的に強いというわけではなく、
戦極ドライバーを使っているバロンよりもやや戦闘力が上、という程度でマンゴーアームズのパワーに圧倒されるなど苦戦が目立っていた。

バロン編の脚本を執筆した毛利亘宏氏によると、デュークのドラゴンエナジーアームズの試作品としてイメージしているらしい。
最初に登場したのは時系列的に外伝の未来にあたる映画『仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル』なので、この時のデータを元にメガヘクスが完成版として創りだした可能性もある。

ロックシード自体が試作品故、動作が極めて不安定であり、初変身ではいきなり変身が解除されたり、
変身前でありながら、右腕がインベス化するなど危険な兆候を見せていたが、
それでも力を使い続けた挙句、変身者であるアルフレッドは自我を失い、 タイラント(オーバーロード態) と化してしまった。