仮面ライダー3号

【ライダー名】 仮面ライダー3号
【読み方】 かめんらいだーさんごう
【変身者】 黒井響一郎
【スペック】 パンチ力:15t
キック力:24t
ジャンプ力:ひと跳び50m
走力:100mを3秒
【声/俳優】 及川光博
【スーツ】 永徳
【登場作品】 スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号(2015年)

【詳細】

黒井響一郎がベルト「タイフーン」で変身する仮面ライダー。
変身後には無数の黒色の羽が舞う演出が入る。

1号、2号と似たような姿だが、2人よりも 暗いイメージ を醸し出している。
更に手首、足首には ショッカーマーク の付いた枷が嵌る。

必殺技は「ライダーパンチ」、「ライダーキック」。
愛用マシンは「トライサイクロン」。

【活躍】

ショッカーが支配する世界でドライブが遭遇。
実はショッカーが支配する世界が誕生するきっかけとなった1号、2号を倒したライダーであり、その罪悪感を抱えている。

ドライブ達とライダータウンという場所にいくためにショッカーと戦いながら、あてのない旅を続けるが、その真意は正義の心を持ったライダーを全滅させることだった。
だが、ドライブにレースを挑まれ、ショッカー首領の宣言によりライダーグランプリが開催され、参戦すると同じショッカーライダーも容赦なくレースを走る。

接戦の末にドライブに負けてしまい、そこで本当にダブルライダーを倒したことに罪悪感を抱えており、それを許されることで正義の心を得るも、最終兵器のエネルギー源として「最強最速の仮面ライダー」を選定していたショッカー首領の野望に巻き込まれてショッカー首領のデータが入った電子頭脳が集合合体したライダーロボの動力源にされる。

ショッカーとライダーの戦いをライダーロボ内に見ることしかできなかったが、ダブルライダー復活に呼応して自力で脱出する。
その後、他のライダーと共にショッカーと戦い、戦闘の中でマッハが倒されるのを目撃し、ダブルライダーと共にチーターカタツムリをトリプルライダーキックで倒す。
ライダーロボが倒され、ショッカーが支配する世界が消失したことで、改造される理由がなくなり、白い翼をまき散らして「仮面ライダー3号」は消滅した。

だが、修正された世界では60代ながらF1レーサーという職業についており、速さを追い求めているらしいことが桜井侑斗の口から語られている。

【余談】

『仮面ライダー』が放送された当時「仮面ライダーの協力者となるFBI特命捜査官・滝和也を改造人間にし、3人目の仮面ライダーにする」という案があり、後にとある漫画ではライダーのような姿になったことがある。