仮面ライダードライブ タイプフォーミュラ

「ドライブ! タイプフォーミュラ!」

【ライダー名】 仮面ライダードライブ タイプフォーミュラ
【読み方】 かめんらいだーどらいぶ たいぷふぉーみゅら
【変身者】 泊進ノ介
【スペック】 パンチ力:16t
キック力:28.6t
ジャンプ力:ひと跳び47.1m
走力:100mを0.200秒(加速時:100mを0.120秒)
【タイプチェンジ】 仮面ライダードライブ タイプスピード
仮面ライダードライブ タイプワイルド
仮面ライダードライブ タイプテクニック
【特殊形態】 仮面ライダードライブ タイプフルーツ
仮面ライダードライブ タイプハイスピード
仮面ライダードライブ タイプスペシャル
【強化形態】 仮面ライダードライブ タイプデッドヒート
【最強形態】 仮面ライダードライブ タイプトライドロン
【登場作品】 仮面ライダードライブ(2015年)
仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー(2016年)
【初登場話】 第21話「不揃いの死者たちはなにを語るのか」

【詳細】

シフトブレスにシフトフォーミュラをセットし変身したドライブの超強化仕様。
タイプスピード以上にスピードに特化し、風、気流を操りこれまで以上の高速戦闘を得意とする。
モチーフとなったフォーミュラカーがそのまま上半身となったかのような姿が特徴的。

タイヤ交換用シフトカーを表すスポンサーロゴのシールが貼られている。

【各部機能】

胸部のコア・ドライビアから生み出されたエネルギーや各部インテークから空気を取り込んで爆発的な加速力を生み出す エクスファンブート を備え、短時間ではあるが驚異的な高速移動を可能とする。
耐衝撃性に優れた特殊合金を使用した フェアリングアームガード に接続されたタイプフォーミュラタイヤを両腕にそれぞれ2つ備え、これを高速回転させることでさらなる高速動作が可能。
その反面、加速力に優れるあまり変身者にかかるGが凄まじく、特に長時間の高速移動中や必殺技発動時などにはすさまじい加圧がかかるため、従来以上の負担が強いられる。

高速移動中であっても前部の パワーゲイルウィング 、後部の ウィング・ヴァリアブル が角度を変えるなどしてダウンフォースを生み出し、空気抵抗を最適化することで高速旋回時の挙動を安定化させる。
胸部に備える オーバーテイクユニット は冷却装置であると同時に、組み込まれた防御装置からシールドを展開し、ドライブの防御力を飛躍的に高めることが可能。

トライドロンに乗った状態でシフトレバーを3回倒すことで、瞬間的な超加速はもちろんトライドロン内部のエンジンを強化し更なる加速力を発揮することも可能。

専用武器としてトレーラーをモチーフとしたトレーラー砲を持ち、シフトカーをセットすることで高威力の砲撃戦を行える。
必殺技は単独でキックを発動する「フォーミュラドロップ」(仮面ライダー4号でのみ使用)、トレーラー砲を用いた「トレーラーインパクト」。
フォーミュラ専用のシフトカーは「フォーミュラゼロ〇〇」という音声となる。

【マンターン】

マンターンF01で装備。

【ジャッキー】

ジャッキーF02で装備。右腕のみ。

【スパーナ】

スパーナF03で装備。右腕のみ。

【活躍】

第21話で超重加速という力を得た魔進チェイサーに対抗するために変身することで初登場。
だが、重度の加速は危険であり、窮地に陥ってしまう。

翌週の第22話ではサポート用のトレーラー砲が完成、それなりに危険性は改善され、魔進チェイサーをついに撃破する。
以後もタイプトライドロンが登場するまで活躍した。