仮面ライダーデューク ドラゴンエナジーアームズ

「ドラゴンエナジーアームズ!」

【ライダー名】 仮面ライダーデューク ドラゴンエナジーアームズ
【読み方】 かめんらいだーでゅーく どらごんえなじーあーむず
【変身者】 メカ戦極凌馬
【モチーフ】 西洋+ドラゴンフルーツ
【鎧カラー】
【スペック】 パンチ力:15.7t
キック力:19.5t
ジャンプ力:ひと跳び22m
走力:100mを6.4秒
【基本アームズ】 仮面ライダーデューク レモンエナジーアームズ
【声/俳優】 青木玄徳
【スーツアクター】 富永研司
【登場作品】 仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル(2014年)

【詳細】

メカ戦極凌馬がゲネシスドライバーとドラゴンフルーツエナジーロックシードを用いて変身した次世代型アーマードライダー。

紘汰の記憶を読み取り地球にやってきた機械生命体メガヘクスの尖兵として複製された。
武器は次世代型ライダー共通のソニックアロー。
胸パーツの構造は隻眼の髑髏の頭蓋骨のようにも見える。

メカとはいえ生前の能力を再現された凌馬とゲネシスドライバーの組み合わせ故、戦極ドライバーを用いるライダーを寄せ付けない驚異的な戦闘力を発揮。
必殺技は赤黒い龍型の矢を放つソニックボレー、ドラゴンフルーツエナジースカッシュを発動し、ソニックアローのアークリムにエネルギーをチャージして放つ斬撃。

平成ライダーの派生形態としては珍しく、本来のフォームと比べて能力値スペックの増減がない。

スペック上では大きな差があるはずの仮面ライダー斬月と壮絶な死闘を繰り広げ、
お互いの必殺技のぶつかり合いの末敗れ去り、彼を称える言葉を残し爆散した。

ドラゴンフルーツエナジーロックシードは映画『ドライブ&鎧武』が初出だが、試作品に当たるロックシードは2015年のVシネマ『鎧武/ガイム外伝 仮面ライダー斬月/仮面ライダーバロン』にて登場。
脚本家を務めた毛利氏が試作品と考え執筆したとのことだが、公式設定であるかは不明。
その試作品を用いた仮面ライダータイラント ドラゴンエナジーアームズが同作品に登場するが、このドラゴンエナジーアームズとは若干形状が異なっている。