仮面ライダーエクシードギルス

「俺は、不死身だ!」

【ライダー名】 仮面ライダーエクシードギルス
【読み方】 かめんらいだーえくしーどぎるす
【変身者】 葦原涼(アギト)
芦河ショウイチ(ディケイド)
【スペック】 パンチ力:15t
キック力:30t
ジャンプ力:ひと跳び65m
走力:100mを4.2秒
【基本フォーム】 仮面ライダーギルス
【登場作品】 仮面ライダーアギト(2001年)
仮面ライダーディケイド(2009年)
【初登場】 第39話「ギルス咆哮」

【詳細】

仮面ライダーギルスの進化形態。

不完全なギルスでありながらアギトの力を得たことで、
胸部にワイズマンモノリスが発現し、安定した力のコントロールが可能となった。

力のコントロールが可能になったため、全身に有り余るエネルギーの影響を受けて禍々しい色をした鋭利な爪が出現、元々高かった格闘能力がさらに向上している。
また、背中に50tの破壊力を持つ ギルススティンガー と呼ばれる触手が出現、相手を拘束することも可能。
再生能力も獲得、劇場版では切り落とされた右腕を再生し、その直後覚醒する形でこの姿へ変身している。

必殺技はより強化された脚力でヒールクロウをかかと落としの要領で相手に突き刺す「エクシードヒールクロウ」。
両足のヒールクロウを同時に叩き込む「エクシードダブルヒールクロウ」も披露した。

初出は劇場版だが、事前には発表されないサプライズ要素としての登場だった。
元々ギルスのパワーアップはスポンサーからの要請にはなく、制作スタッフの「ギルスに対する愛情」によって生まれたフォーム。
TV本編登場以前に発表された玩具紹介記事では「ギルス第2形態」という仮称で紹介されていた。

『ディケイド』ではアギトの不完全な姿として登場。