仮面ライダーギルス

仮面ライダーになってしまった男

【ライダー名】 仮面ライダーギルス
【読み方】 かめんらいだーぎるす
【変身者】 葦原涼
【スペック】 パンチ力:10t
キック力:20t
ジャンプ力:ひと跳び50m
走力:100mを5秒
【最強フォーム】 仮面ライダーエクシードギルス
【登場作品】 仮面ライダーアギト(2001年)
【初登場】 第6話「哀しき妖拳」

【詳細】

人類の進化形体の一つで、アギトの不完全体とされる仮面ライダー。
「光」の力が不完全な形で覚醒したため、力のコントロールを行うワイズマンモノリスが存在せず、変身するたびに変身者へ不自然な老化作用などの副作用がある。

これはギルスの全身を覆う装甲皮膚や装甲が意思を持つ生物であり、ワイズマンモノリスによるコントロールを受けていないため、
変身者の肉体を侵食し一体化しようとしていたり、栄養としているため。
エクシードギルスへの変身を獲得したあとは制御下に置かれたためそのような描写はなくなった。
オーヴァロードによれば、アギトではなくギルスに進化するのは珍しい例らしい。

全身の細胞を変化させ武器を作り出す能力を持ち、
基本形態ながらアギトのストームフォームの素早さとフレイムフォームのパワーを有する。

また、デモンズファングクラッシャーを展開させて噛みつき攻撃を行うことも得意。
変身直後は拳法家のような動きで理性的に戦うが、闘争心が高ぶると荒々しい野獣のような戦い方に推移する。

必殺技は踵にヒールクロウを生成し、かかと落としの要領で相手に突き刺す「ギルスヒールクロウ」。
文献によってはヒールクロウで相手の心臓を後ろから突き刺すともされる。

後半ではギルスのままで「アギト」のように力の完全なコントロールが可能となったエクシードギルスへとパワーアップし、不自然な老化などの副作用はなくなった。
「ギルス」とは、魚のエラ(gills)という意味。

作中でその名前が呼ばれたのは前述のオーヴァロードの独り言だけで、それ以外では「アギトの一種」とだけ呼ばれていた。
しかもギルス当人はオーヴァロードのセリフを聞いていないため、「ギルス」という呼び名自体を知らない。
つまり、自分が変身するライダーの名前を「変身する本人が知らない」という極めて珍しい例。

番組開始以前に発表されていた情報では 「完全な姿を求めてアギトのベルトを狙う」 と紹介されていたが、実際のTV本編ではその様な展開はまったくなかった。