仮面ライダーデューク レモンエナジーアームズ

「レモンエナジーアームズ! ファイトパワー!×2ファイ×4ファファファファイト!」

【ライダー名】 仮面ライダーデューク レモンエナジーアームズ
【読み方】 かめんらいだーでゅーく れもんえなじーあーむず
【変身者】 戦極凌馬
【モチーフ】 西洋+レモン
【鎧カラー】
【スペック】 パンチ力:15.7t
キック力:19.7t
ジャンプ力:ひと跳び22m
走力:100mを6.4秒
【アームズチェンジ】 仮面ライダーデューク ドラゴンエナジーアームズ
【声/俳優】 青木玄徳
【スーツアクター】 富永研司
【登場作品】 仮面ライダー鎧武/ガイム(2014年)
【登場話】 第14話「ヘルヘイムの果実の秘密」
第28話「裏切りの斬月」(変身披露)

【詳細】

戦極凌馬がゲネシスドライバーとレモンエナジーロックシードを用いて変身した次世代型アーマードライダー。
デュークという名称は爵位で「公爵」を意味し、
同じ爵位が元ネタの仮面ライダーバロン(男爵)の上位種として開発されている。

王冠や顎髭を象った頭部、マントをした背面など外見は中世の王のようにも見える。
ゲネティックライドウェアの色は水色。

7つある戦極ドライバーのテストデータを受けて大幅に改良、
強化されたゲネシスドライバーとエナジーロックシードを使い、戦極ドライバーとロックシードを使う鎧武などに比べパワー、装甲共に彼らを上回る。
次世代型ライダー共通のソニックアローと呼ばれる武器を使用する。

新世代ライダーの中でもその戦闘力は随一で、エナジーロックシードのパワーを引き出せるゲネシスドライバーと、その開発者で構造や仕様を熟知し自分専用に特別なチューンナップを戦極凌馬本人が行った上で運用しているため、
動きこそ素人ながらスペック上では新世代ライダーに匹敵するはずの鎧武ジンバーレモンアームズを圧倒、バロンを一太刀で沈めてしまうほどの戦闘力を発揮する。

ゲネティックライドウェア により装着者の身体能力を大幅に高めた上で、両手首の エナジーアクトブレス
及び両足の脛部分に備える レッグプレート によりゲネシスドライバーから抽出した液化エネルギーの供給を受け、強力なパワーを発揮。

また、背面を守る ゲネシスケープ 、及び両腕を保護する アームガントレット 、太腿を保護する サイプレート と呼ばれる何枚も金属プレートを重ねた積層アーマーにより死角のない高い防御性能を誇る。

変身者が転落死したことで、以後はテレビ本編では登場していない。残されたドライバーは仮面ライダーマリカが使用する。
だが、劇場版MOVIE大戦フルスロットルにて、新たなアームズと共に復活を果たす。

必殺技はレモンエナジーロックシードをソニックアローに装填して放つソニックボレー。
通常のソニックボレー以外にも、弦の部分をエネルギーで補強し螺旋状に回転しながら発射される強化型のソニックボレーも使用。
また、ホログラムによる分身も披露した。

【余談】

アクターの富永研司氏は平成仮面ライダー1号のクウガを演じ、戦国MOVIE大合戦の武神鎧武などを担当している。