仮面ライダーキバ 飛翔態

【ライダー名】 仮面ライダーキバ 飛翔態
【読み方】 かめんらいだーきば ひしょうたい
【変身者】 紅渡
【スペック】 パンチ力:10t
キック力:18t
ジャンプ力:∞m
飛行速度:マッハ3.4
【フォームチェンジ】 仮面ライダーキバ キバフォーム
仮面ライダーキバ ガルルフォーム
仮面ライダーキバ バッシャーフォーム
仮面ライダーキバ ドッガフォーム
仮面ライダーキバ ドガバキフォーム
【最強フォーム】 仮面ライダーキバ エンペラーフォーム
【特殊フォーム】 仮面ライダーキバ ドガバキエンペラーフォーム
【登場作品】 仮面ライダーキバ(2008年)
【初登場話】 第35話「ニューアレンジ・飛翔のバラ」

【詳細】

紅渡の想いが最大限に高ぶったことで覚醒したコウモリかワイバーンを思わせる非人型の形態。

ファンガイアと他種族の混血種でなければ変身不可能で、ファンガイアの中では忌み嫌われる存在。
通称はエンペラーバット。

獲得した飛行能力は マッハ3.4 にまで及び、自らよりも巨大なモンスターを圧倒する驚異的な戦闘力を誇る。
口からは光弾を連射し、フエッスルを用いずともキャッスルドランを召喚することも可能。

必殺技は頭部の魔皇石三つを発光せ口から魔皇力の奔流を放つ「ブラッディストライク」。
また、『劇場版キバ』では呼び出したキャッスルドランと一体化し 巨大なエンペラーフォームの幻影 となり、相手にライダーキックを叩き込む「ジャイアントムーンブレイク」。

【余談】

仮面ライダーシンなど怪物然とした容姿のライダーは存在するが、非人間型となるのはこの飛翔体が唯一。
スーツは存在せずフルCGで描かれている。

上記の通り、紅渡が変身するものよりも前に このエンペラーバット が存在したかのような記述があるが詳細は不明。