仮面ライダー弾鬼

【ライダー名】 仮面ライダー弾鬼
【読み方】 かめんらいだーだんき
【変身者】 ダンキ
【スペック】 パンチ力:不明
キック力:不明
ジャンプ力:不明
走力:不明
【声/俳優】 伊藤慎
【スーツ】 押川善文
【登場作品】 仮面ライダー響鬼(2005年)

【詳細】

極限まで肉体を鍛え上げたものが変身出来る「鬼」の一人。
猛士関東支部に所属し眼鏡をしている男性。

短気かつ大雑把な性格でヒビキ以上に機械オンチで携帯電話すら持っていない上に鬼達の連絡手段であるPCの故障にも無頓着で、
「たちばな」への連絡は公衆電話を使っていた。
表面では生意気なことを口走っていても、
太鼓の鬼としての先輩 の響鬼を慕い尊敬している。

小暮に装甲声刃の実験台にされた際、友人・ショウキと共に結果変身不能になってしまい、一ヵ月後に変身能力を取り戻すことが出来た模様。
ショウキとは親友だが、「たちばな」に揃って顔を出すのは珍しいらしい。

鬼としての属性は「岩」。音撃棒・那智黒と音撃鼓・御影盤を装備し、那智黒で御影盤を叩き清めの音を叩き込む「音撃打・破砕細石」が必殺技。
また、作中明日夢に見せられた資料で「粉骨砕身の型」というのも確認できる。