仮面ライダー電王 クライマックスフォーム

【ライダー名】 仮面ライダー電王 クライマックスフォーム
【読み方】 かめんらいだーでんおう くらいまっくすふぉーむ
【変身者】 野上良太郎及びモモタロス、ウラタロス、キンタロス、リュウタロス
【声】 関俊彦
遊佐浩二
てらそままさき
鈴村健一
【スーツ】 高岩成二
【スペック】 パンチ力:8t
キック力:10t
ジャンプ力:ひと跳び42m
走力:100mを4秒
【フォームチェンジ】 仮面ライダー電王 プラットフォーム
仮面ライダー電王 ソードフォーム
仮面ライダー電王 ロッドフォーム
仮面ライダー電王 アックスフォーム
仮面ライダー電王 ガンフォーム
仮面ライダー電王 ウイングフォーム
【強化フォーム】 仮面ライダー電王 クライマックスフォーム
仮面ライダー電王 ライナーフォーム
【最強フォーム】 仮面ライダー電王 超クライマックスフォーム
【登場作品】 仮面ライダー電王(2007年)
【初登場】 第28話「ツキすぎ、ノリすぎ、変わりすぎ」

【詳細】

野上良太郎と契約するイマジン(モモタロス、ウラタロス、キンタロス、リュウタロス)が一気に憑依した電王の強化形態。
右肩にロッドフォーム、左肩にアックスフォーム、胸部にガンフォーム、
頭部はソードフォームとそれぞれのフォームの電仮面が装着されており、全てのフォームのスペックを備え絶大な戦闘力を誇り、TV本編では負けなしの実力を誇った。

この姿になると4人分の意識が良太郎の体に入っているので、かなり窮屈らしく、戦闘中に口論する場合もある。

必殺技はロッドフォームの電仮面を中心に右足に移動させ、4体分のフリーエネルギーをストレイダーを通して叩き込む「ボイスターズキック」、アックスフォームの電仮面を中心に左腕に集中させマサカリーダーを通して4体分のフリーエネルギーを叩き込む「ボイスターズパンチ」、胸部のガンフォームの電仮面を展開しミサイルを発射して爆砕する「ボイスターズシャウト」。
更に4体分のフリーエネルギーを込めて相手をデンガッシャーで斬り裂く「ボイスターズスラッシュ」など多種多様な必殺技を持つ。

ここから更にジークが憑依し、ウイングフォームの特性もプラスされた超クライマックスフォームも『超・電王』シリーズから存在する。

【活躍】

第28話で登場。

イマジン4体が憑依して生まれる形態であり、良太郎の精神的なところは窮屈になる。
TVシリーズでは最強を誇ったが、『さらば、電王』で変身を解除している。

だが、強さは本物で数多の強敵イマジンが倒されているのは確かである。