仮面ライダーガタック ライダーフォーム

戦の神

【ライダー名】 仮面ライダーガタック ライダーフォーム
【読み方】 かめんらいだーがたっく らいだーふぉーむ
【変身者】 加賀美新(カブト)
アラタ(ディケイド)
【スペック】 パンチ力:3t
キック力:7t
ジャンプ力:ひと跳び36m
走力:100mを5.8秒
【プットオン】 仮面ライダーガタック マスクドフォーム
【最強フォーム】 仮面ライダーガタック ハイパーフォーム(特殊)
【声/俳優】 佐藤祐基(カブト)
牧田哲也(ディケイド)
【スーツ】 伊藤慎
【登場作品】 仮面ライダーカブト(2005年)
仮面ライダーディケイド(2009年)
【初登場】 第22話「誕生特別編」
【テーマソング】 LORD OF THE SPEED

【詳細】

ガタックゼクターのゼクターホーンを展開して外部装甲を脱ぎ捨てたガタック第ニ形態。

全身がヒヒイロノカネと呼ばれる未知の金属で構成された鎧に覆われており、装甲を脱ぎ捨てたことでクロックアップが使用可能となる。
唯一、ワーム成虫態に対抗出来るフォームで、サナギ態相手には絶大な力を発揮する。

両肩にガタックダブルカリバーと呼ばれる双剣を装備し、
素早い動きで敵を切り捨てる戦いが得意。

任意でアーマーを戻すことも可能。
装甲を脱ぎ捨てたことでパワーと防御力が低下しているため、相手の攻撃から身を守るときなど、さらにはガタックバルカンによる火力を必要とする際ににプットオンする場合がある。

必殺技はゼクター内のタキオン粒子をチャージアップし脚に集中させキックを放つ「ライダーキック」とガタックダブルカリバーを連結し相手を挟み切る「ライダーカッティング」の二種類。