仮面ライダークウガ ドラゴンフォーム

邪悪なる者あらば、その技を無に帰し、流水の如く邪悪を薙ぎ払う戦士あり

【ライダー名】 仮面ライダークウガ ドラゴンフォーム
【読み方】 かめんらいだーくうが どらごんふぉーむ
【変身者】 五代雄介(クウガ)
小野寺ユウスケ(ディケイド)
【スペック】 パンチ力:1t
キック力:3t
ジャンプ力:ひと跳び30m
走力:100mを2秒
【フォームチェンジ】 仮面ライダークウガ グローイングフォーム
仮面ライダークウガ マイティフォーム
仮面ライダークウガ ペガサスフォーム
仮面ライダークウガ タイタンフォーム
【ライジングフォーム】 仮面ライダークウガ ライジングマイティ
仮面ライダークウガ アメイジングマイティ
仮面ライダークウガ ライジングドラゴン
仮面ライダークウガ ライジングペガサス
仮面ライダークウガ ライジングタイタン
【最強フォーム】 仮面ライダークウガ アルティメットフォーム
【登場作品】 仮面ライダークウガ(2000年)
仮面ライダーディケイド(2009年)
【初登場】 第5話「距離」

【詳細】

水の力を宿す「青のクウガ」と呼ばれる形態。
装甲を徹底的に薄く、軽くしジャンプ力及びスピードに特化した。

凄まじい跳躍力を持つズ・バヅー・バに対抗するため、「もっと高く飛べれば」と五代雄介が願ったことで覚醒した。
前述の通りスピードに特化しているのだが、腕力等はマイティフォームの1/3にまで減少、接近戦は不得手。

それを補うために「長き物」をイメージさせる物質を「ハンドコントロールリング」を用いて再構成した「ドラゴンロッド」を武器とし、素早い動きでロッドを振り回すことで低下したパワーを補い連続打撃を叩き込む攻撃を得意としてる。
ビルの屋上へ飛び上がるためだけに、このフォームになることもあった。

必殺技はドラゴンロッドの先端に封印エネルギーを集中し、打突と共に相手に叩き込む「スプラッシュドラゴン」。

このフォームからライジングパワーによって強化されたフォームはライジングドラゴンと呼ばれる。