仮面ライダーサガ

「王の判決を言い渡す、死だ!」

【ライダー名】 仮面ライダーサガ
【読み方】 かめんらいだーさが
【変身者】 登太牙
【スペック】 パンチ力:12t
キック力:35t
ジャンプ力:90m
走力:100mを2秒
【登場作品】 仮面ライダーキバ(2008年)
【テーマソング】 Roots of the King

【詳細】

キバの鎧が完成する以前に、試作品として開発されたファンガイア族専用の鎧。
各所に配置した魔皇石によって装着者の力を増幅させるキバの鎧とは少々設計思想が異なり、「蛇のモンスターの力」を最初から内包している。

最初期に発見された魔皇石「禁断の実」と呼ばれる巨大な石によって得られた力はエンペラーフォームの力にも及ぶ。
武器は「ジャコーダー」と呼ばれる「縦笛型」の武器。

フエッスルは一つしか持たないが、試作型故、
元々はジャコーダーが 必殺技発動のフエッスル となるハズだったが力の暴発をおそれ役割を分割。
これが後に キバのフエッスルの元 となる。

必殺技はウエイクアップフエッスルをサガークに吹かせ開放した魔皇力をジャコーダーに集中。
相手を貫いて増幅した魔皇力を直接流しこんで爆砕する「スネーキングデスブレイク」。