仮面ライダーカイザ

【ライダー名】 仮面ライダーカイザ
【読み方】 かめんらいだーかいざ
【変身者】 草加雅人(木場勇治など数名)
【変身者の条件】 オルフェノク(もしくはオルフェノク因子を持つ人間)
【スペック】 パンチ力:3t
キック力:7t
ジャンプ力:ひと跳び30m
走力:100mを6.3秒
【登場作品】 仮面ライダー555(2003年)
仮面ライダーディケイド(2009年)
【初登場】 第10話「謎のライダー」

【詳細】

3本のベルトの内2番目に開発されたカイザドライバーを用いて変身する仮面ライダー。

ファイズの赤よりも高出力な黄色のフォトンブラッドを安定して供給するために「ダブルストリーム」という特殊なフォトンストリームを配置。
高出力のフォトンブラッドによりパワーは高いものの俊敏性ではファイズに劣る。

戦闘能力はファイズを上回るが走力とジャンプ力は劣る。
基本武装としてカイザブレイガンと呼ばれるマルチウェポンを所有。

フォトンブラッドの弾丸を発車するガンモードと熱で溶断するブレードモードに瞬時に切り替える。
この武器の性質上、距離を問わない高い性能を持つが、「ベルトの適性」があわないと変身を解除した後に灰化すると言う強烈なデメリットが存在する。

必殺技はカイザブレイガンにミッションメモリーを差し込み、相手をフォトンブラッドの力場で拘束、
X字状のエネルギーとともに相手に突撃し切り裂く「カイザスラッシュ」(文献によっては「ゼノスラッシュ」とも称される)。

また、後に入手した「カイザポインター」を使い相手をロックオンして飛び蹴りを叩き込む「ゴルドスマッシュ」。
ファイズのものと同等のシステムだが、カイザ自体が高出力のため、設定上はファイズの物より威力が高い。

ファイズほどの拡張性もなく、デルタほどの馬力もないので、 3本のベルトの中では最弱のベルト でもある。

【小説版】

井上敏樹氏による『小説 仮面ライダーファイズ正伝 異形の花々』(後に別の文庫で発売された際は『小説 仮面ライダーファイズ』に改題)においてはTV本編と異なり、
「オルフェノクに対抗するため、人類側が造り出した強化スーツ」というG3イクサを思わせる設定となっている。

普通の人間が装着すれば死あるのみというTV版とは異なり、変身条件も「変身に適合する体質の人間」と多少緩和されている模様。
また、同じく対オルフェノク用に開発されたファイズと異なり量産を前提とされ、作中では雅人が変身するカイザも含めた計3体が登場している。

小説の再販に伴って書き下ろされた5年後では「オルフェノク対策委員会」の組織の下に大量生産されてライオトルーパーさながらの一大部隊を編制、
国家をバックに堂々とオルフェノクの掃討を行っている。

同作ではカイザの変身者はよりそのポテンシャルを引き出すために、血液の3分の2を特殊なエネルギー溶液に入れ替えていることが言及されている。
かつての装着者であった雅人はスパイダーオルフェノクとして覚醒してしまい、逆にカイザに追われ返り討ちにする立場になる。

【余談】

登場した当初はゴルドスマッシュを使わない予定だったのか、
初期のカイザの右足にはカイザポインター用のソケットが存在しない。

カイザに変身する草加雅人を演じた村上幸平氏はカイザの変身コード 913 にちなんで9月13日を『カイザの日』として、ブログやイベントで役に対する愛を語っていることはファンの間で有名だが、9月13日は作中で草加雅人が想いを寄せ続けた園田真理の誕生日でもある。