仮面ライダーアギト バーニングフォーム

【ライダー名】 仮面ライダーアギト バーニングフォーム
【読み方】 かめんらいだーあぎと ばーにんぐふぉーむ
【変身者】 津上翔一
【スペック】 パンチ力:25t
キック力:15t
ジャンプ力:ひと跳び15m
走力:100mを6秒
【フォームチェンジ】 仮面ライダーアギト グランドフォーム
仮面ライダーアギト ストームフォーム
仮面ライダーアギト フレイムフォーム
仮面ライダーアギト トリニティフォーム
【最強フォーム】 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム
【登場作品】 仮面ライダーアギト(2001年)仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦(2017年)
【初登場】 第34話「呼び逢う魂」

【詳細】

燃え盛る火炎の力を宿し、上半身の筋肉が著しく発達したアギトの強化形態。
全フォーム中最大のパワーを有し、炎のエネルギーを集中して放つパンチは45tにも及ぶ破壊力がある。

ただし、パワーに特化するあまり制御が困難で、アギトのTVSPでは暴走したこともある。

頭部のクロスホーンは全開状態となっており、
基本フォームを遥かに超えた戦闘力を発揮。

水のエルという強敵の登場に呼応してアギトの力の進化が始まり、翔一がトラウマとなっている相手・水のエルへの恐怖心を克服したことで変身が可能となった。
必殺技は45tの破壊力を持つパンチを叩き込む「バーニングライダーパンチ」、オルタリングから出現するシャイニングカリバーに炎のエネルギーを宿して相手を斬り裂く「バーニングボンバー」。