仮面ライダーW ファングジョーカー

野獣の切り札

【ライダー名】 仮面ライダーW ファングジョーカー
【読み方】 かめんらいだーだぶる ふぁんぐじょーかー
【変身者】 フィリップ&左翔太郎
【ソウルサイド】 ファングメモリ
【ボディサイド】 ジョーカーメモリ
【スペック】 パンチ力:8t
キック力:13t
ジャンプ力:ひと跳び30m
走力:100mを3.2秒
【フォームチェンジ】 仮面ライダーW サイクロンジョーカー
仮面ライダーW サイクロンメタル
仮面ライダーW サイクロントリガー
仮面ライダーW ヒートメタル
仮面ライダーW ヒートジョーカー
仮面ライダーW ヒートトリガー
仮面ライダーW ルナトリガー
仮面ライダーW ルナジョーカー
仮面ライダーW ルナメタル
【強化フォーム】 仮面ライダーW サイクロンジョーカーエクストリーム
【最強フォーム】 仮面ライダーW サイクロンジョーカーゴールドエクストリーム
【声/俳優】 桐山漣&菅田将暉
【スーツアクター】 高岩成二
【登場作品】 仮面ライダーW(2010年)他
【初登場話】 第16話「Fの残光/相棒をとりもどせ」

【詳細】

ファングメモリとジョーカーメモリを組み合わせたWの強化形態。
基本的にWは翔太郎の身体をベースに変身して使用しているが、この形態だけフィリップの身体が使用されている。

MOVIE大戦アルティメイタムでは特殊な条件で登場し、
ヒートトリガーから直接変身したこともある。

ファングの野獣の力をコントロールできるのがジョーカーメモリだけであるため、ハーフチェンジは行わない。
だが、ダブルのフォームの中でも一番高いスペックを誇り(CJXを上回る)、右腕にアームセイバーを出現させる「アームファング」、右肩にショルダーセイバーを出現させる「ショルダーファング」により近、中距離戦闘において柔軟な対応が可能。
主に接近戦はアームファングで行うが、 ショルダーファング により出現させた ショルダーセイバー は取り外しが可能で分離させ、手に持って斬りつけることもできる。

ファングメモリが何においてもフィリップの安全を優先させるように設計されている、非常に暴走しやすく制御が難しい。
また、ファングメモリのデザイン上ベルトを閉じることができず、この姿になると他のフォームに変身できなくなるという欠点がある。

必殺技は右足にマキシマムセイバーを出現させ、回し蹴りを叩き込む「ファングストライザー」。