仮面ライダービルド トライアルフォーム(フェニックス掃除機)

【ライダー名】 仮面ライダービルド トライアルフォーム(フェニックス掃除機)
【読み方】 かめんらいだーびるど とらいあるふぉーむ(ふぇにっくすそうじうき)
【変身者】 桐生戦兎
【スペック】 パンチ力:12.6t(右腕)/5.7t(左腕)
キック力:9.6t(右脚)/13.4t(左脚)
ジャンプ力:ひと跳び37.9m
走力:100mを3.8秒
【基本形態】 仮面ライダービルド ラビットタンクフォーム
【トライアルフォーム】 一覧
【声/俳優】 犬飼貴丈
【スーツ】 高岩成二
【登場作品】 仮面ライダービルド(2017年)
【初登場話】 第19話「禁断のアイテム」

【詳細】

ビルドドライバーにフェニックスフルボトルと掃除機フルボトルを装填し変身したビルドのトライアルフォームの一種。

双方のスペックはベストマッチフォームではないため若干低下しているものの、フェニックスハーフボディの特殊な炎を操る能力と、
掃除機ハーフボディのロングレンジクリーナーによる吸引などを駆使すればかなりの戦力となる。

【各種機能】

頭部は不死鳥型のレフトアイフェニックスと掃除機型のライトアイクリーナーが組み合わさったBLDフェニックス掃除機ヘッド
害意を察知し敵の挙動から次の攻撃を先読みする左目と、空間をスキャンし汚染箇所を発見、その原因を追跡する機能を持つ。
装甲は青緑色の汚れが落ちやすいクリーンヘッドアーマー、赤色の高熱の防御層を形成しエネルギー攻撃を半減させるフレアヘッドアーマーとなっている。
これは胸部も同様。

背中にはエンパイリアルウィングという燃焼飛行ユニットが備わり、これによって飛行が可能。

右腕のフレイムリヴァイバーによりフェニックスフルボトルの成分を利用した特殊な炎を生み出し、
接触した敵を内部から燃やす攻撃のほか、火炎弾として発射できる。
左腕は凄まじい吸引力を持つロングレンジクリーナーとなっており、左肩のBLDトラッシュコンバーターに吸い込んだ物体を送り込み、
高速分解することで可動エネルギーに変換することが可能。

【活躍】

第19話にて仮面ライダーグリスとの戦闘で変身。

その後第21話にてブラッドスタークとの特訓においても再び変身し、その後フェニックス側を切り替えローズ掃除機に変身。
そこからさらに掃除機側を取り替え、ローズコプターフォームに変身した結果、スタークから「どんだけ赤と緑が好きなんだよ!」と突っ込まれた。

【余談】

上記のスタークの突っ込みだが、メタ的な視点から見れば、恐らく掃除機ハーフボディ、ヘリコプターハーフボディのパーツが一部共通化されているためと思われる。
スーツ換装の手間を考えた結果だろうか。