仮面ライダーレーザーターボ プロトスポーツバイクゲーマー レベル0

「レベルアップ! 爆走バイク!
アガッチャ! シャカリキ!メチャコギ!ホット!ホット!シャカ!シャカ!コギ!コギ! シャカリキスポーツ!」

【ライダー名】 仮面ライダーレーザーターボ プロトスポーツバイクゲーマー レベル0
【読み方】 かめんらいだーれーざーたーぼ ぷろとすぽーつばいくげーまー れべるぜろ
【変身者】 九条貴利矢
【スペック】 パンチ力:69.7t
キック力:79.2t
ジャンプ力:ひと跳び68.1m
走力:100mを1.3秒
【ジャンル】 レースゲーム
【初期形態】 仮面ライダーレーザーターボ バイクゲーマー レベル0
【声/俳優】 小野塚勇人
【スーツ】 不明
【登場作品】 仮面ライダーエグゼイド(2017年)
【初登場話】 第35話「Partnerを救出せよ!」

【詳細】

レーザーターボがプロトシャカリキスポーツガシャットをゲーマドライバーの左スロットに装填しアクチュエーションレバーを展開することで変身した強化形態。
変身コールは「爆速!」。

凄まじい力を持つプロトガシャットを用いたフォーム故か、レベル0のレーザーターボの数倍の身体能力を獲得し、
ゲンムやエグゼイドのスポーツアクションゲーマーを遥かに超える戦闘力を得ている。

【身体機能】

LZTヘッド-BIK0 となった頭部は、動体センサーが組み込まれた シグナリアクトスパイク と呼ばれる頭部スパイクを持ち、
爆走バイクのプレイヤーキャラクターをイメージした スパイクライドヘルム によって保護される。
なお変身に用いているのがプロトガシャットであるためなのか、正規版のガシャットを使ったレベル3で装着されていたヘルメット状のパーツは頭部に無い。

全身には ターボギアスーツ を纏い、変身者の動作を補助、強化することで常人離れした身体能力を発揮する。
また、このスーツは運動速度とパワーを重視した調整が施されており、敵に反撃を与えず、猛攻を加えることが可能。
レベル0の時と同様に、特殊なゲームエリア「アンチバグスターエリア」を形成し、バグスターウイルスの活動を抑制することが可能。

胸部に装着された増加装甲に組み込まれた レイドアンプリファー で攻撃力を、
ガードアンプリファー で防御力を飛躍的に向上させている。

トリックフライホイール を武器とし、高速回転させることでホイール表面が鋭利な刃に変化。
投げつけることで相手の体力を大きく削ることが可能となっている。

必殺技はトリックフライホイールを回転させて相手を攻撃する「シャカリキクリティカルストライク」。

【活躍】

第35話にて変身。
アランブラバグスターを倒そうとするエグゼイドとゲンムを妨害し、その中でゲンムを撃破する。
更に彼らの前で変身を解除してその衝撃的な正体を見せつけた。

【余談】

プロトスポーツバイクゲーマーのスーツは、レーザーターボと色を塗り直したスポーツゲーマを合わせたものである。