サイトメニュー







やる気満々な候補者たち
p(・∀・)q マケナイゾー

新井てつお
大河原雅子
神田敏晶
川田龍平
黒川紀章
沢田哲夫
杉浦ひとみ
鈴木寛
鈴木信行
須田喜久夫
田村智子
東條由布子
ドクター・中松
中村慶一郎
又吉光雄
マック赤坂
丸川珠代
和合秀典
山口なつお
初めての方へ

短く書いたのでこれだけは
必ずお読みください

ログイン方法はこちら
編集について



最新情報をチェック

「参議院」で検索!
ニュース検索

「比例区」で検索!
ニュース検索

ブログで話題の政党は?
kizasiチャンネル 政党



それらしいリンク
NPO法人がウェブサイトで評論中
マニフェスト・チェック


参院選2007に特化してます
参院選.com


画面が動いて楽しい。
ザ・選挙
候補者のデータベース
ザ・選挙 東京選挙区


データがわんさか。
時事通信参院選特集

なんか詳しそう。
ヤフー! 参院選特集

けっこう面白そう。
映画『選挙』




更新記録
取得中です。

選挙マメ知識

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



特定の候補者や単一の政党を超えた情報や知識をどうぞ。
選挙に詳しい人から見たら当たり前のことでも、
自分が知らんかった!と驚くような情報をアップ。

選挙に出馬


●比例代表には最低6000万円
比例代表に政党として出馬するには、最低10人、一人あたり600万円の預け金(供託金)がいる。つまり最低6000万円が資金として必要らしい。
投票後、一部の供託金は没収されることがある。

没収額は、
{(その政党の候補数)-(その政党の当選者数×2) }×600万円
つまり候補者の半分が当選すれば、没収額は0円になる、ということらしい。

過去にさまざまな主張を掲げた団体が乱立したため「安易な立候補を防ぐ」として供託金引き上げなどの制度改正が続き、ミニ政党は衰退した。


対朝の姿勢

政党ごとの差が比較されています。
http://www.key-j.org/program/doc/korea_japan/questionnaire-answer.html
ちなみに自民は返答していませんが、その理由を「党として見解が定まっていないことが多く、今回は回答を差し控える」と説明しています。んー。

投票用紙、少なく印刷

(7月27日 朝日新聞(夕刊)19面より)
「投票率が60%を切る状況下で、5〜15%分を節約して印刷している自治体がある。(東京など4都府県)
東京都の場合、23区分は有権者の85%、市分は90%しか印刷しない。」
それでも、30%近くが無駄になってしまうわけだから、節税という意味では仕方がないことかもしれないが、有権者のことをバカにしているとは思わないが、
100%近くをめざして、選管を驚かせてみたいものだ。

投票運動



7月14日の土曜日に銀座の和光の付近で
選挙に行こうキャンペーン?みたいな感じで
ノベルティを配っていました。
機関車のような外見の車!初めて見ました。
配っていたのはおなじみティッシュと紙風船とシャボン玉です。
ティッシュは分かるんだけど、後の2つはどうみても子供向け。
選挙権のない子どもにアピールする意味は何なんでしょう??
親たちの関心を高めるため?


投票運動2

西武池袋線練馬駅の改札口フロアーに告知が
「センキョ」と書いたキャラクターが怪しいけど、、


投票用紙の行方

投票所で、選挙キャラを再び発見〜
投票用紙は再利用されて、投票所のマットになっているらしい。
たしかに、投票所は土足で入れるようになっているけど、、以前はビニールシートのようなものだった気がするなぁ、、
いつから、リサイクルマットになったのだろう?



政治の中傷合戦

みなさん、なかなか言いますね。
こういうのは下品に見えて、言葉運びによっては
けっこう効果があったりするのかもしれません。

麻生太郎外相「小沢代表を25年以上前から知っているが、顔の輝きがなくなった。それは実績(がないから)だ」(21日、新潟市)
田中真紀子元外相「(首相の家庭教師を務めた自民党衆院議員から聞いたが)本当に勉強嫌いで、頭が悪かったそうだ。彼は『あれだけ教えれば、どんなにバカでも慶応くらい入れたはず』と悔やんでいる」(17日、新潟県三条市)
ソース記事は産經新聞(ウェブ魚拓)



ポスター作成費用は税金


●公費で作る選挙ポスターはどうよ
議員の作る選挙ポスター
1枚当たり1000円以下で済ませた候補はわずか1割。
1枚当たり5303円も。中には水増し請求の疑惑も。
(福岡県議員の選挙データより)

こーゆー部分の透明性、超重要だと思いません?
確かに上限額のなかではいくら高いポスター作っても
税金で払ってもらえるわけです。

じゃあ、だからといって
カメラマンやデザイナを雇って
いい紙つかって、何度もやり直して、
最大限に税金を使ってしまうのか。

議員としての体質が早くも問われるワケです。

ソース記事は西日本新聞(ウェブ魚拓)

●ちなみに「ふつう」はいくら?
選挙のポスターは400ミリ×420ミリなんで、
普通の紙の規格サイズに合わないのですが、
A2サイズが420ミリ×594ミリなので近い。
たとえばこの印刷屋さんでA2を1000枚作ると…印刷費合計33,600円
ここにデザインと撮影諸々の経費が25万円位のったとして、
1000枚で約30万円。

1枚当たり300円…(´・ω・`)

1枚当たり、の計算をしているので、
1000枚以上作るならもっと安くなる。
逆に5000円とかぶっ飛んだ値段の人は
50枚くらいしか作ってないのではないかと疑うね。

選挙ポスターの撮影

以前、都議会議員選の立候補予定者のポスター用撮影をしたことがあります。
そのときは、スタイリストとヘアメイクも来ていたのですが、選挙コーディネータとかいう人がついてきて、、衣装の配色、アクセサリー、メイクアップについて、いろいろ口うるさかったのを覚えています。一応、所属する党の規定もあるのでしょうが、、、形式的で面白くなかったですね。

ページビューカウンター: -
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|