#blognavi
中国はオリンピックを開催するのを諦めたのではないか?
などと妄想してみる。

このままオリンピックを開いても威信は保てないと判断し、どうしたらオリンピックを開催せずに済むかと考えたのではないか?
それでもって仕組んだチベット動乱あるいは虐殺だったりして・・・
あらゆるオリンピックのためのインフラに問題山積し、大気汚染に食品問題、民族問題に格差拡大が解決不能のところまで来てしまい考えた末に出した結論。
自らオリンピックの開催を辞退するのはプライドが許さないので、外からオリンピック開催を不可能と宣言されるのを期待していたりして。
最終的にIOCが北京オリンピック開催を取り止める結論を出すのを画策したりして?
いやいや、すでに世界の権力者たちの間では結論が出ていたりするかも知れない。
この夢想がもし本当になったら、笑いごとだ。
外貨も溜まったことだし、これで向こう少なくとも10年は今の共産党体制を保持出来ると踏み、その間に体制の立て直しを練ろうということだったりして・・・。
もし、北京五輪が中止になれば、中国は鎖国へと走るような気もしている今日このごろです。
ま、これ単なる夢想なので、有り得ないことだと思いますが・・・。

それでもっと妄想してみた。
オリンピック中止後、中国は台湾に侵攻。当然欧米世界は反発してみせるが、中国は耳を傾けず、EZラインでの日本との小競り合いの末に台湾および日本と全面戦争へ。欧州・アメリカは直接には関与せず、背後から日本と台湾をを援護する振りをする。(ま、日本の外貨準備はこれで空になり、都合よくアメリカの借金は帳消しになる)
はい、これで不況に見舞われたアメリカは軍需産業によって潤い息を吹き返し、欧州との絆を更に強化し、世界は欧州とアメリカ(白人世界)によって完全に支配される。
という妄想はいかが?
当然に中東での戦争も同時に進行する。つまり第三次世界大戦に突入するってわけ。
おいしい?




カテゴリ: [日記] - &trackback- 2008年03月24日 01:04:37

#blognavi