アヤは赤い満月を地平線に見ながら家を出た。
 それでも、何かが変わるように感じていたから、いつものように赤い満月を怖がることはなかった。