死という別れ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界で最も有名な七行詩にその意味が語られている。

永遠に等しい時間をもって創られた七行詩。



健やかなるときも、病める時も

喜びの時も、悲しみの時も

富める時も、貧しき時も

これを愛し、これを敬い

これを慰め、これを助け

死が二人を別つまで

共に生きることを誓いますか






これから先は野暮ってやつだったりして。



岩谷