ギンガ団も大変だ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ギンガ団も大変だ。はポケモン広場の小説板の小説。著者は阿修羅。

以下ネタバレ注意




ストーリー

主人公のジュンヤは、国際警察諜報部の見習い。
初仕事で潜入したのはジョウトに進出してきたステキファッション、ギンガ団。
しかしジュンヤは極度の不幸体質。
更にギンガ団の面々はほとんどがアホ。
そんな変人に振り回されるジュンヤの話。

登場人物

ジュンヤ


主人公で国際警察諜報部見習い。ギンガ団への潜入任務をこなす。
極度の不幸体質で、酷い時には全身の骨が折れた状態で肥だめに突き落とされた事がある。
手持ちにはディック以外全員に食べ物の名前を付けている。
手持ちはいかすみ(マニューラ)、だいこん(エレキブル)、わさび(ラムパルド)、ディック(ホエルオー)、あおのり(トリデプス)、ふかしいも(ポリゴンZ)
朝野 昼香sいわく、 その幻想をぶち壊せない上条さん

ハヤト

ジュンヤの上司にあたる人物で、ジムリーダー。
幼少のころ「チビタ」とよばれていたらしい。
対ベトベトン戦では全く役に立たなかった。


アカギ

謎の宗教法人「ギンガ団」を統率する男。
しかしその正体は精神年齢が4歳のアホ。
14歳のころはめられた、ドラえもんの陰謀によるものだが、その後ドラえもんはミカンの陰謀にはめられた。
ちなみにミカンはその一連の騒動の中でネトゲに目覚めた。
アホなものの、頭の回転は本物で、多数の団員を惚れこませている

サターン

ギンガ団幹部で、アカギの右腕。つーか実質ボス。
しかしアカギには敵わないと思っている。実際敵わないと思う。
主な仕事はアカギの世話。

第一話抜粋

午後10時
今日も消灯時間がくる
だが・・・眠れない
明日の事を考えると、頭が痛い……



────5日前

「ぎゃあああああ!」
断末魔が響いたけど気にしない。脱落者だから。
ここは国際警察ジョウト支部第一三部隊訓練所
現在僕も訓練中

僕は1か月前に新人研修を終えてこの第一三部隊に入ったジュンヤ。
初仕事がなかなか来ない、割とベタな展開に悩まされてる
同期のレイとかとっくに任務についてるのに、悔しいったらありゃしない

そう愚痴をもらしながら“国際警察名物 命の保証出来ない障害物競走”をゴール
まあ第一三番部隊は潜入捜査の専門だからこれぐらい出来ないとね

そんな単調な(?)いつもと変わらぬ日が今日も始まると思ってた・・・




リンク

朝野 昼香sのヒノアラシの憂鬱とリンクしており、相互のキャラが出る。
つまり、青烏sの光速で飛ぶ地竜ともリンクしている。



ギンガ団も大変だへはこちらから