ODROID-A


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ODROID-A


概要

『ODROID-A』は、OSにAndroid(TM) 2.3(Gingerbread)を採用、Samsung製の最新マルチコアプロセッサ(Cortex-A9 Dual-core 1GHz)と10.1インチマルチタッチパネル(1366×768)、HSPAモジュールを搭載した開発者向けハイスペックタブレットです。

背面に3メガピクセル(オートフォーカス)、前面に1.3メガピクセルの2つのカメラを備え、GPSモジュール、3次元加速度センサ、方位センサなどを内蔵します。

無線は、IEEE802.11 b/g/n、Bluetooth(TM) 2.1+EDR、Broadband(HSPA evolution/HSPA/UMTS、Edge/GPRS/GSM)に対応、ビデオ出力は1080PのHDMI出力をサポートしています。

『ODROID-A』には、OSカーネル、デバイスドライバ、アプリケーション開発を支援するために、JTAGインターフェースとシステムマクロトレース(横河ディジタル製、Android(TM)対応動的解析デバッグツール)が接続可能なSDスロットを備えていますので、JTAGによるデバッグやシステムマクロトレースによる解析により開発効率を向上させることができます。

また、『ODROID-A』には、開発者向けに回路図とソースコードが添付されるため、アプリケーション開発のみならず、多彩なGUI機能とマルチメディア機能を最大限に活かしたタブレット端末、POS端末や受付端末などのポータブル機器をはじめ、コンビニエンスストアの情報端末、デジタル複合機などの組込み製品や試作機開発を容易におこなうことができます。
(横河ディジタルコンピュータのODROID-Aプレスリリース
より抜粋)