用語集


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


目次

用語集


あ行


オカルト (occult)

  • 神秘的なこと。超自然的なさま。
    (『広辞苑』第六版、岩波書店)
  • ラテン語の"occulere"の過去分詞形"occulta"(隠されたもの)を語源とする。
  • 派生語として、知識体系やその実践を"occultism"(神秘学・隠秘学・祕学)と呼ぶ。
  • 欧州では、政治的・宗教的に「異端者」のレッテル貼りの為に使われていた歴史を持つ。

さ行


念動力(サイコキネシス) (Psychokinesis)

  • 内田文明の能力。
  • 超能力の一種。思念派を対象物に投擲感応させ、離れた場所から物体を自分の意のままに操る、操作系能力。
  • 超能力の中でもオーソドックスであるため、創作物中では超能力者の主人公キャラに多く見られる。
    (例:閃光のナイトレイド、絶対可憐チルドレン)
  • 狭義の「念力(ねんりき)」と同義であるが、創作物中ではそれと区別して、より上位の(強力な)能力(技)と位置付けられている事が多い。
    (例:ポケモン)
  • 強力な念動能力者は、自分自身を念動させて、舞空術(飛行能力)を得られる。
  • スプーン曲げから飛行まで、オーソドックスな能力であるが故に汎用性・応用性に富むため、能力を活かすも殺すも術者次第。

た行


タイムエージェント (Time Agent)

  • 2012年の内田文明が所属している諜報機関の名称。
  • 活動範囲は時空を超え、諜報員は超能力者で構成される、超時空・特殊間諜(スパイ)組織。
  • 活動目的は、宇宙人の地球侵略による人類滅亡の歴史を是正すること。
  • 主宰者は、私立ヴァルトシュタイン学院学長(?)
諜報員一覧
識別名 本名 能力
No.5 火炎発火(パイロキネシス)
No.6 内田文明 念動力(サイコキネシス)

な行


ノストラダムス (Nostradamus)

  • フランスの医師・占星術師。警世的な預言詩「諸世紀」で知られる。(1503~1566)
    (『広辞苑』第六版、岩波書店)
  • 終末論の一つとして、1999年7の月に空から恐怖の大王が降りて来るという、「ノストラダムスの大予言」が知られている。
  • 内田文明が1999年7月に空から(全裸で)降りて来る場面は、上記の予言の一節を彷彿させる。
百詩篇・第10巻72番の一節
1999年7か月、
空から恐怖の大王が来るだろう、
アンゴルモアの大王を蘇らせ、
マルスの前後に首尾よく支配するために。

は行


火炎発火(パイロキネシス) (Pyrokinesis)

  • タイムエージェントの諜報員「No.5」の能力。
  • 超能力の一種。念力によって火を発生させる、変化系能力。念火。

ま行


マヤ文明

  • (Maya)中央アメリカのユカタン半島からグアテマラ・ホンジュラスにかけて栄えた高度な都市文明。巨大なピラミッドや神殿を中心に、すぐれた暦法・数学・絵文字・石彫などを特色とする。紀元300~900年頃に最盛期を迎え、1200年頃から衰退。
    (『広辞苑』第六版、岩波書店)
  • 終末論の一つとして、マヤ文明に於ける暦の一つ長期暦が、2012年12月21日から12月23日頃に一つの区切りを迎えるとされることから、「2012年人類滅亡説」が知られている。
  • 神代 マヤ +内田 文明 マヤ文明