コトダマをラップ調で歌ってみた


[ hook ]
照らし返された チェインレター
あってない様な 常識入れた
打ち込む銃から 焦げのフレイバー
鏡に映るあなた くれた
鉛玉に乗せたラブレターに
絡まる毒性が断ってた
あてがった理性も奪ってった
勝手なブレーキ舞う聖歌

[ verse1 ]
人間に溜まるコトダマの数
見れば見る程に
愚か筈が求め命転がすステージ上
人道的にもグレイゾーン
神様にだって無礼講
憂い、依存と化してる
原理の 元の 便利道具
誰かを仕立てる円陣構図
届けるか届かぬあの言葉
同士が消しあう効果
どこが露光させる ココロの底
開けたところで見たくないもの
汚い音が嫌いだと
伝えたい過去と未来なの
切り替えた牢がココが墓場
つぶやいた安堵に倒れそうか

あて先不明じゃ隠せない
なけなし善行片手持ち
切手 手に入れるガラス越し
だれか届けてよ置手紙

[ hook ]
照らし返された チェインレター
あってない様な 常識入れた
打ち込む銃から 焦げのフレイバー
鏡に映るあなた くれた
鉛玉に乗せたラブレターに
絡まる毒性が断ってた
あてがった理性も奪ってった
勝手なブレーキ舞う聖歌

[ verse2]
整然と並ぶ テンプテーション
どれ手に取り 連呼 続ける 
閉塞から出る泥土
どれだけ抵抗したって囚われ低脳
疑って結構 実行犯か検討
どうぞ コントロール遠く
ないうちに届く手紙に何語
慰めのワードと おとしめる造語
正直なだけに刺さるメッセージ
強くなりなさい誰が決定し
張られるレッテルクレイジー
立った屋上の岸壁
外す呼吸器のバッテリー
次誰に回るシゴフミ
破り捨てるか ありったけの感謝
選択自由の 一通ジレンマ
呼び起こす 幾千劣化と
すえた蒸れに覆われるテラー

人が急ぐ様子を 眺める僕は呼吸音
聞いてて欲しくて止まるその時まで
誰かの足かせになっても羽ばたかせて 
墜落わかってても皆飛ぶならまた来世
泣いて慣らした恐怖も 突き出しあてた銃口
まえにかすむ自縄自縛に安心した確かな証拠
天井も壁も急遽 形変える醜行 
苦悩で奏で四重奏
死ぬ為生きる矛盾を消してみせてよ

[ hook ]
照らし返された チェインレター
あってない様な 常識入れた
打ち込む銃から 焦げのフレイバー
鏡に映るあなたくれた
鉛玉に乗せたラブレターに
絡まる毒性が断ってた
あてがった理性も奪ってった
勝手なブレーキ舞う聖歌

[ outro ]
貴方の目の前 どうして帰ってなんて
言って この紙の中になにかさんで
まして彼に借りがあって
って事もザラだから黙っても
きっと見たくなる見つめ低層に
満足するフリじゃ不健康
どうする選考次第じゃさげすまれる系統





Lyric by FATIGUE
Track by 片倉三起也 (原曲:コトダマ / ALI PROJECT)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。