※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

や~よ行です。
項目を追加する場合はそれぞれ対応する行に追加してください。


やおい

ホモが嫌いな女の子なんていません!

闇の書

第一級捜索指定がされている、最上級に危険な「ロストロギア」。

666のページを持つ黒い書物型のユニゾンデバイスで、当初は全てが白紙だが、

「リンカーコア」を吸収する事でページに文字が記載され、全てのページが埋まるとユニゾンデバイスとして本来の機能を発揮し、

所有者と融合して絶大な戦闘力を与える。

しかしこの際に「融合事故」を起こす為、所有者は一頻りの暴走の後に死亡、「闇の書」は次の所有者の下へと転移する。

ちなみに「リンカーコア」を吸収する機能は「蒐集」と呼ばれ、

完成時は「蒐集」した「リンカーコア」が使用経験のある「魔法」を行使出来る様になる。

破壊・改竄を加えても即座に修復する「無限再生機能」と、

本体の消滅や所有者の死亡する事態が発生すると自らを操る資質を持つ者の下に転移する「転生機能」、

そして何よりもAAAクラスの戦闘力を持つ「ヴォルケンリッター」を発生させて

「闇の書」本体や所有者を守らせる「守護騎士システム」がある為、完全破壊が不可能だとされていた。

ページを埋める為に人間・人外を問わず多大な被害を与え、

最後には所有者すらも殺す(しかも完成に向けての行動を怠るとその所有者の「リンカーコア」を侵食して死に至らしめる)

その凶悪性から忌み嫌われており、「闇の書」という名称はそこから付けられた。

というのが元ネタだが、エスパーダではネタを収集するwikiになっている

ヤンデレ


アニメやゲームなどにおいて、キャラクターを記号化するための属性の一つ。

普段は優等生的なキャラクターに見えるが、主人公に惚れており(デレ)、

ストーリーの進行に従って明らかになる何らかの事情により、精神的に病ん(ヤン)でしまう女性、

もしくはその状態を指す。具体的には、主人公や対抗するヒロインに対して物理的行動を起こすなどが挙げられる。

キャラクターの持つ背景設定が感情的な行動として強く表現され、そこが魅力となる。

やらないか?

にゃんにゃんに誘う時の言葉

元ネタが元ネタだけに男が男を誘う時に多用されるが
〇〇やらないか?という誘い文句としてもよく使われている。

元ネタはヤマジュンの名作『くそみそテクニック』から

約束された勝利の剣

エクスカリバー。

人々の"こうであって欲しい"という想念が星の内部で結晶・精製された神造兵装であり、"最強の幻想(ラスト・ファンタズム)"。

聖剣というカテゴリーの中において頂点に立つ。

単純に外観の美しさでいえば上回る宝具は数あるのだろうが、
そもそも美しいのではなくてひたすらに尊く、神話にも人ならざる業にもよらず、
ただ思いだけで鍛え上げられた結晶であるが故に空想の身でありながら最強の座に在る、という風に士郎は言っていた。

所有者の魔力を光に変換後収束・加速させて運動量を増大させ、神霊レベルの魔術行使を可能とする。

放たれた斬撃は光の帯のように見えるが、実際には攻撃判定は光の先端のみであり、
光によって形成された断層が通過する線上の全てを切断する。

場所を考えずに使用すると下手をすれば地上を薙ぎ払ってしまうが、これは膨大な魔力が先端以外にも熱を持たせるが故。

とにかく周囲への影響が大きすぎる宝具である為、
第四次聖杯戦争時に切嗣はわざわざ船をまるごと緩衝材として使用できるよう手配するなどしていた。

所有者の魔力を変換する増幅器である為、セイバーが黒化した際にはこの聖剣も黒色に変化した。

どうやら善悪両方の属性を持っているらしい。

サイズは佐々木小次郎の見立てでは刀身三尺余(およそ90cm程度)、幅四寸(およそ12cm程度)。

あまりにも有名な剣である為、セイバーは真名を知られないよう風王結界によって通常その姿を隠している。

という設定を持つが、エスパーダでは性的な意味において頂点に立つ宝具である。


夢がひろがりんぐ

一念発起して林檎ジュースの移動販売をはじめたニートをVIPPER全員で応援した際に、そのニートが発した言葉から。

ニュー速VIPにおける印象的な出来事の一つであり、

それ以来「林檎ジュース」もこの板においては特有の盛り上がりを見せる用語となっている。

「~しまくりんぐ」など、他の動詞にも同様の活用がみられる。


よくメッセで出てくる単語


  • どうしたスネーク
  • 安価
  • 抜刀
  • エクスカリバー
  • 釣り
  • それはギャグで言っているのか?
  • だれが上手い事を言えと
  • バーロー
  • アッー

羊蹄烹炊長

“ようていほうすいちょう”と読む、長すぎて誰も覚えてくれないハンドルネーム

吉野屋コピペ

有名なコピペ、単語を入れ替えて今日起こった出来事を説明する時などに使う。

そんな事より1よ、ちょいと聞いてくれよ。スレとあんま関係ないけどさ。
このあいだ、近所の吉野家行ったんです。吉野家。
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで座れないんです。
で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて、150円引き、とか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、150円引き如きで普段来てない吉野家に来てんじゃねーよ、ボケが。
150円だよ、150円。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人で吉野家か。おめでてーな。
よーしパパ特盛頼んじゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、150円やるからその席空けろと。
吉野家ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
Uの字テーブルの向かいに座った奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。
で、やっと座れたかと思ったら、隣の奴が、大盛つゆだくで、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、つゆだくなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、つゆだくで、だ。
お前は本当につゆだくを食いたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、つゆだくって言いたいだけちゃうんかと。
吉野家通の俺から言わせてもらえば今、吉野家通の間での最新流行はやっぱり、
ねぎだく、これだね。
大盛りねぎだくギョク。これが通の頼み方。
ねぎだくってのはねぎが多めに入ってる。そん代わり肉が少なめ。これ。
で、それに大盛りギョク(玉子)。これ最強。
しかしこれを頼むと次から店員にマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前、1は、牛鮭定食でも食ってなさいってこった。