XNAで法線マッピングを試す


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

XNAで法線マッピングを試す


メタセコイアで作ったローポリモデルの表示は簡単に行うことができたので、
今度は他のソフトで作った法線マッピングつきの3DデータがXNAで読み込めるかどうか試してみた。
使ったソフトはBlenderと3D-coat。

※結果からいうと、今回の実験は失敗に終わった・・・・・・。

※と思いきや2010/12/5現在、解決方法が見つかったので法線マッピング追記の欄も見てみてね



スカルプトモデラでモデリング&法線テクスチャ作成

使ったのは3D-coat。リトポロジが優秀なスカルプトモデラ。
このソフトでハイポリモデリングとローポリ&法線テクスチャの作成を一通り行った。
下の画像の時点で既に、法線マッピングでのローポリ化が完了してる状態。ちゃんと表面のデコボコとか、
テカテカ光沢とかが表現されてる。

上がポリゴンのみ、これに下の法線テクスチャを適用すると擬似デコボコが生まれる


blenderでゲーム用データ作成

で、これをXファイルとかFBXファイルにするんだけど、3D-coatにはそこまでの機能はないので、
objファイルで一旦blenderに渡してからゲーム用ファイルに変えてやる。
下の画像がblenderにインポートしてテクスチャを適用した状態。光の加減のせいでちょっと3D-coatでの時より光沢が
強いように思うが、表面のデコボコと光沢はちゃんと表現されてるので良しとしといた。

XNAで表示・・・

blenderのエクスポート機能で、3Dモデルをゲーム用データにしてXNAで表示してやる。
まずXファイルでやってみたが・・・
カラーテクスチャはズレてるわ、法線マッピングもスペキュラーも表現されてないわでボロクソだった。

次にfbxファイルでやってみたところ、
カラーテクスチャのuv位置はちゃんと設定されてるんだが、こちらも法線マッピングと光沢が表現されてなかった。

ファイルを開くとテクスチャ情報がなかった

こういうときはちゃんとテクスチャへのリンクが設定されているか確かめるためにVisualStudioで
3Dデータをテキストとして開いてみれば良いのだ!とやってみたところ、
なんと、どうやらこのXファイルとfbxファイルには、normalテクスチャもspecularテクスチャも
それらしい設定が書かれてる部分が見当たらなかったのだ!・・・


結果

最初に書いたとおり、今回の実験は思うとおりにはいかず、失敗だった。
XNA自体は各種質感マッピングに対応しているらしいし、
ファイルをテキストで開いたときにそもそも各テクスチャの設定が書かれてないところをみるに、
今回の失敗の原因は多分Blenderでファイルを出力したときに何かミスが起きていたのではないかと思う。
適切なエクスポート設定ができてなかった個人ミスか、あるいはblenderでのx出力が複数テクスチャに対応してなかったツールミスか。
詳しいことはよくわからないけど、一筋縄ではいきそうにない話だった。
解決方法しってるとしあきがいたら教えてくれぃ!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。