※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小笠原冒険2時間目



本編はここから

/*/
ヤガミはメールしている

あさぎ:   
「むー」

ヤガミ:
「どうした?」
「さ、一周するぞ」

あさぎ:   
「いやさー、もうちょいこう。目の前にいる人をみようというか」
「ネウー」

ヤガミ:
「よくわからん」

あさぎ:   
「いやまあ、お前がわからないと俺もよくわからないんだが」

ヤガミ:
「女みたいだぞ。もともと可愛い顔をしてるんだ。
もう少し発言は気にしたがいい」
「安心しろ。できるだけのことはする」

あさぎ:   
「いや、うーん。女見たいか。いっそ女であったら
 楽だったと思うことがあるよ」
「まあ次は平凡な女になって、クソみたいに平凡な男を
 愛する道に生きることにしよう。
 うっかり、どうしようもない男にひっかからんように」

ヤガミ:
「そんなもんか」
「俺は次も男だな。そうだな、次はサーカスのスターだな」

あさぎ:   
「サーカス?」

ヤガミは楽しそう。

ヤガミ:
「俺は、サーカスでアクロバットする奴になりたかった。
 ピエロもそうだな」

あさぎ:   
「へぇ、意外」

ヤガミ:
「そうか?」

あさぎ:   
「まあ、でも同じかな。子供に夢を与える仕事だ」

ヤガミ:
「まあ、そうかもしれないな。
 高いところから落ちてみたり、色々あった」

あさぎ:   
「・・・た、高いところー?」

ヤガミ:
「ここも駄目そうだな。兄島にいこう」

あさぎ:   
「うん」

ヤガミ:
「すまないな」

あさぎ:   
「なんで?」

ヤガミ:
「何も見つかってない」

あさぎ:   
「いや、それはヤガミが悪いんじゃないしなぁ。
 俺の見通しが甘いせいでもある」
「ま、俺はお前といられるだけでいいんだけどね」

ヤガミ:
「折角呼ばれたのに、役に立たんのはくやしいな」

あさぎ:   
「いや、うん。十分役に立ってるよ。」

ヤガミは笑った。

ヤガミ:
「世辞をいうな」

あさぎ:   
「ん?普通にそう思うけど」
「素直に言葉にしたらはずかしいから言わないだけだ」
「いや別に言ってもいいけど。ドン引きだぞ」

ヤガミ:
「ビンゴだ」

あさぎ:   
「?」

ヤガミ:
「資源かどうかまでは分からないが、大規模な反射体はみつけた」

あさぎ:   
「むぅ、逆に不安になるそのセリフ」
「いや、大丈夫大丈夫、ファンブルとかコワクナーイ。
 きっと大丈夫。気が付いたら海の死の神ですとかナーイ」

ヤガミ:
「まあ、ここに手をつけてないあたりは、たしかに怪しいな。
 2000万tを超えているんだ」

あさぎ:   
「えええ 2000万t? う、売ればつーか。アレだ。
 越前藩国も暁も救える額だな」

ヤガミ:
「過去の採掘量だ。よくもこれだけ掘ったもんだ」

あさぎ:   
「まあ、ウチも100万だか150万ぐらい押さえたけどね。
「いろいろ循環してるから、
 使った資源はどこかに行くんだろうけどね」

ヤガミ:
「どうかな」
「資源を再利用するのは金がかかる」

あさぎ:   
「確かに」

ヤガミ:
「選り分けだけでも大変だ」

あさぎ:   
「そういや、俺いつもビニールゴミと紙ごみを混ぜて
 摂政に怒られるよ!」

ヤガミ:
「で、どうする?」
「潜ってもいいし、潜らないでもいい」

あさぎ:   
「うん。まあ、俺の考えを言うと。
 考える前に飛び込め だが」
「やろうか」

ヤガミ:
「分かった。潜水服は一応借りている」

あさぎ:   
「この辺だと、海の中きれいだろうな。行こうか!」

ヤガミはうなずくと潜り始めた
海は、綺麗というよりは、青い。
青はどんどん深みを増していき、最後は黒くなった。

明かりがついた。
肩が光っている。
金魚蜂みたいなのをヤガミはかぶってるぞ

あさぎ:   
「いいな、いいなー」

あなたもだ(笑)
ヤガミはどんどん、潜っている。

あさぎ:   
「ま、まってー」

あさぎ:必死についていきます。
芝村:生身かい?
あさぎ:アイドレスだとホープを着ているので義体だと思います
芝村:では、ついていける

遠く、下の方に輝く珠をみつけた。8つある

あさぎ:   
「なに・・・これ?」
あさぎ:珠には何か書いてあったりしますか?

動いている。光の珠だ。
芝村 :繋がってるね。4つづつ2列。

どんどん大きくなっていく。

あさぎ:
「まさか何かイキモノなんてことは・・・」

ヤガミ:
「……」

正解のようだ。
大きさは40m近くある。
光に照らされた。巨大なヤツメウナギだ
恐ろしい速度で泳いでくる!!




あさぎ:   
「ちょやべえ、ヤガミ逃げろ」


ヤガミは貴方をかばった。
大量の泡。

あさぎ:   
「こら、お前がかばってどうするんだ」

ヤガミの服から泡が出た。穴が開いたようだった。
ウナギは深海に戻り始めた。

あさぎ:   
ヤガミを引きずって上がります
自分の空気をヤガミと分けあうことはできますか?

芝村  
ああ。ヤガミの身柄は既にない。
まるのみだ

あさぎ:   
うわ
今から追いかけても間に合いますか?

芝村  
無理だ。

/*/

貴方は海から上がってきた。

あさぎ:   
船長にウナギの話を聞くことはできますか?

芝村 :
ええ

船長:
「巨大なウナギか」
「知らんな」

あさぎ:   
「うーん。えーとじゃあこの辺で、デカい化け物が出たとか
 その辺の伝承と噂は?」

船長:
「そりゃあ、確かに海には魔物がいるとはいうが」

あさぎ:   
「近辺で行方不明が出たとかも聞かない?」

船長:
「……死体が見つかったら、すぐに連絡するよ」

あさぎ:   
「死体になってからだったら遅い」

船長:
「空気が切れたら、終わりだ」

あさぎ:   
「う、それを言われると。確かにそうだが」
「でも、それでも1秒でも早く見つけ出したいものだろう」

船長はうなずいた。

あさぎ:   
(いや、実は空気なくても生きてる気はするんだけど・義体だから)

船長:
「漁船をだす」
「夜を徹してさがさせる」

あさぎ:   
「頼む。こちらもできる限り、資金でよければ、
 いくらか出させてもらう。」
「軽率な行動のせいで、そちらの仕事を止めさせるんだ、
 燃費や、維持費を払うぐらいはさせてくれ」

船長:
「ありがたい」

あさぎ:   
「ともかく、この辺の海域にいるのは確かだ。
 なんとしても狩る。
 それに、あんなのがいたんじゃ、他の観光客が襲われないとも限らな

い」
「悪意はないんだろうが、図体がデカすぎる。」

/*/

捜索が、はじまりました……

芝村 の発言: 
はい。今日のゲームは終了です。お疲れ様でした。



「うなぎ狩り」に続く?