※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

L:無人機の開発 = {

 t:名称 = 無人機の開発(イベント)

 t:要点 = {無人機とは、作戦入力に沿って無慈悲に戦闘を行う恐るべき戦争機械のことである。

無人機を大量生産し、投入したことによって宰相府は恐怖によって人々を支配すると 言われた。}

 t:周辺環境 = 戦場

プロダクトネーム:ゴーストホーネット

And he asked him, What is thy name? 
And he answered, saying, My name is Legion: for we are many. 
『新約聖書』マルコによる福音書 5章9節より 

とある世界で無人機が人類を守ったとされる物語があった。

銀河の彼方の異星人に対し、丸い友人たちが戦った物語である。

そして今この世界で、人類がその禁忌の技術に手を伸ばした。

それが何を招くのか、まだ、誰にも判らない。

概要

帝國軍の宇宙戦力の不足を補うために作られた半無人制御の戦闘機械。

一単位あたり有人隊長機一機に対して無人機数十機からなり、主に主力の露払いを務める。

無人機故のマシンマキシマム思想に基づいて設計され、従来機より低コストでありながら同等以上の戦闘力を有した。

大量生産に基づいてパーツは徹底して規格を統一、機体構造を単純化することでコストダウンが図られている。

また、帝國の従来機の生産工場のラインを流用できるよう、基本構造はフェイクトモエシリーズに準ずる。

そしてハードウェアのコストダウンを図る一方で電子頭脳、アビオニクスのソフトウェア開発には最大限の力が注がれた。

「自身と引き換えに戦場を支配する」人間の限界能力を無視したその姿は、明らかに異形であった。

機体制御

機体に組み込まれた電子頭脳が、マクロプログラムによって超攻撃的に運用する。

電子頭脳は一機につきメイン一基、独立した監視用サブが一基、更に隊長機を合わせた三基体制。

無人制御における最大の泣き所であるハッキング、ECM攻撃への対策であり、メインCPUが攻撃を受けた場合サブCPUが強制的に遮断しシステムを掌握、更にサブCPUも汚染された場合は隊長機が外部から強制的に主導権を奪う。

一基の超高性能CPUではなく、三基(母艦を合わせると四基)のCPUで受け持つことでリスクを分散させ、安定性を上げているのだ。

隊長機のみ有人仕様であり、無人機の支援、管理が主体のため火器武装は最低限で、代わりに越前藩国謹製、最高水準の通信・電子戦能力に特化されている。

なお、母艦からは機体の強制停止、強制復帰のみが可能となっている。

機体構造

推進機能はフェイクトモエリバー3と同じ液体燃料式の双発ブースター及び姿勢制御用ノズル。

実体装甲は機動性能重視のため極限まで削られている。

無人機のコクピット位置は電子頭脳の搭載及び各種ペイロードに用いられ、脱出装置以外の有人用装備は除去されている。

撃墜された際は脱出装置で電子頭脳を回収し、別機体に搭載して再利用する。

武装

固定装備

「ショートランス」中砲身圧縮パルスレーザーキャノン

五連装小口径レーザーガン

主砲についてはフェイクトモエリバーのものをそのまま採用。実体弾のファランクスは廃された。

なお「ランス」は数による一斉砲撃を見越して出力を抑え、精度を重視されている。

兵装(ハードポイント)

絶対物理防壁発生機

耐熱性媒質噴射機

多弾頭核ミサイル(対艦船装備)

高機動ミサイル(突撃機装備)

他隊長機用電子戦装備

など

おおまかに敵の戦列を崩す突撃仕様、切り込んで核ミサイルを撃つ対艦戦仕様、有人機の電子戦仕様に分けられる。

絶対物理防壁は極小面積にのみ展開することで搭載可能になった(とはいえ被弾面積はかなり露出する)。 代替装備として機体を弾丸に変える熱量突撃の装備を加えたが、展開可能時間に欠点があり、あくまで絶対物理防壁代用の苦肉の策であった。

/*/

「人形と戦うのは味気ないな」

「時代は変わるんだよ」

-帝國軍エースパイロットの会話-

/*/

 漆黒の宇宙を駆ける無数の光点。

フェイクトモエリバー3、帝國が誇る傑作機体。

並みの名パイロットでは失神するであろう超絶機動を行なうその多くが、機体を真っ赤に染めていた。

 唯一被弾していない隊長機が、ブラックアウト寸前の急激反転からターゲットをロック、トリガーを引き絞る。

ロスト。空間をペイント弾が空しく引き裂いていく。

代わりにロッテを組む僚機が集中攻撃を受けて「被撃墜」のサイン。

「化け物め…」

忌々しげに呟いた彼の背後から、十二のロックオンサイトが迫っていた。

 観測を続ける多目的運用艦ミアキスの艦橋は重苦しい雰囲気に包まれていた。

右のモニターには集中攻撃を浴びながら懸命に回避行動を取り続けるフェイクトモエリバー3。

左のモニター、サブモニターには淡々と機動、射撃を続ける異形の無人戦闘機械。

「まさか、これほどとは…」

キャプテンシートに座る艦長の呟きがスタッフ全員の心情を表していた。

フェイクトモエを操るのは一級の腕を持つパイロットたちであり、機体スペックも総合的に上回っている。

現に10セットの演習のうち序盤は彼等が無人機を一方的に「撃墜」し続けていた。

 異変は中盤に起こった。

突如無人機が彼等を圧倒し始めたのだ。

ロックした瞬間にサイトから消える。複雑な高機動にやすやすとそれ以上の機動で「ケツに食いついて」くる。

異変を察知したパイロットたちが本気でかかっても無人機は逆襲をかけ続けた。

結果はフェイクトモエの6―3であったが、最後1セットは行なわれなかった。ただ9セット終了後の精根尽き果てたパイロットたちの姿が、その凄まじさを表していた。

/*/

「我等はレギオン、数多き故に、か…」

「なんですか、それ…?」

「この力はあまりに強大すぎる。TLOではない分なおさら、な。これの投入で戦局は、いやその内に戦争の在り方すら変わるだろう」

「だがそれに対して人類はあまりに未成熟だ。私は恐ろしいのだ。私自身が、いつかこの力の誘惑に負けてしまうのではないか、と」

彼が目をやった画面の中で、囮となった無人機を「撃墜」した最後のフェイクトモエが、残りの無人機に「撃墜」され、更に雨霰とペイント弾を打ち込まれていた。

/*/

私達は決して忘れるべきでない。

人間性を失った戦争は殺戮しか生まないことを。

道具を用いるのは人の心であると。

ゴーストホーネットと名づけられたその機体は、無機質な目で私達に問い続ける。

|