■ インターセプトパスト -中島早貴・萩原舞X前田憂佳- ■


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



 ■ インターセプトパスト -中島早貴・萩原舞X前田憂佳- ■

萩原舞はベルトから機関拳銃を抜く。

「まいいや…先手必勝っしょ」

躊躇なく引き金を引いた。
軽快な発射音が連続し、無数の9mm弾が前田憂佳へと吸い込まれて行く。

「残念です…萩原さん」

次の瞬間、萩原舞は矢庭に機関拳銃をあらぬ方向に乱射した。
誰もいない、瓦礫と瓦礫の間。
何もないその空間へと。

「うぎゃあっ」

悲鳴と同時に目の前の前田憂佳が陽炎の如くゆがんで消えた。

「言われたとおりにしてみたけど、いったいどういうことなの?なきこ」

萩原は瓦礫の影、すぐ近くの何者かに声をかける

「んーまぁいいじゃんそのへんのことは」

なきこ…中島早貴は曖昧な返答をしながら萩原に歩み寄る。

「逃げた、か。もう一度"やりなおす?"いやアタシの方がもうもたないか…」

不思議な独り言をつぶやき、ふうと息をつく。

「詳しい説明はそのうち…ね。とにかく、無事でよかったよ。」

「無事も何も最初から舞の圧勝だったっしょ!どこから攻撃されたって舞は無敵なんだからさー」

「んーそだねーうん。」

「あー!なんかバカにしてる!絶対バカにしてる!」

「いやしてないってハギさんそりゃ誤解だよ」

「いーや!した!絶っ対してる!いっつもそうだよ!舞ががんばってもさーいっつもみんなコドモ扱いしてさー」

またはじまった。舞ちゃんはすぐすねるんだから。

中島早貴は前田憂佳が逃げた方向へと振り返る。
そっちへ逃げても無駄なのに…
全てはもう、 決 ま っ て い る ことなのに…

萩原の不平不満の声が現実へと引き戻す。
考えてもしょうがない。舞ちゃんだけでも救えたならそれでいい。

さようなら。

彼女は心の中でつぶやく。

さようなら、前田憂佳。







                               【index】