※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【体系的に学びたい、骨のある初心者】
 『奇術入門シリーズカードマジック』高木重朗(東京堂出版)
 ・昔からの定番入門書。著者は日本奇術における最大級の功労者。
 『ラリー・ジェニングスのカードマジック入門』加藤英夫(テンヨー)
 ・カレッジと比べると、安い。説明の丁寧さは落ちるし、記載事項は少ないが、
  重要なものを選別しているので、内容が薄い訳ではない。巻末の演目は非常に面白い。
 『ロベルト・ジョビーのカードカレッジ』ロベルト・ジョビー(東京堂出版)
 ・一冊が高い上に、四冊(五冊?)もありやがる。説明は丁寧。内容は充実。
  量が多いため、重要度のメリハリを付けられないと持て余す。 演目はあまり楽しくない。
 『JCS教科書』Mr.マリック 主催/加藤英夫 著(JCS発行)
 ・加藤英夫が書いているので内容は良い。フルカラー、写真、演技DVD付。収録演目が多い。小中高大の4冊。
  順番でないと買えない。情報がない上に、購入順番が決まっているので買いづらい。所持者も少ない。
 『トランプマジック』松田道弘(ちくま書房)
 ・テクニックらしいテクニックは解説されてないが、カードマジックの基本原理がやさしく書かれている読み物。

【とりあえず演じてみたい初心者】
 『カードマジック19の秘宝』荒木一郎(里文出版)
 『カードマジックおとぎ話』荒木一郎(東京堂出版)
 『トランプタイム』ゆうきとも・庄司タカヒト(フォーサイト)
 『セルフワーキングマジック事典』(東京堂出版)
 『トランプマンの本各種』トランプマン(成美堂出版 他)
 ・案外良いネタが入ってる。

【レパートリーを増やしながら、楽しく上達したい初心者】
 『奇術入門シリーズメンタルマジック』(東京堂出版)
 『奇術入門シリーズトランプマジック+ステップアップカードマジック』気賀康夫(東京堂出版)
 ・技法や演目を減らし、セリフ等細かい部分が丁寧で初心者に優しい。真似するだけで演じられる。
 『DVDで覚えるカードマジック入門』ヒロサカイ(成美堂出版)
 ・最近出たDVD付きフルカラーの本。DVD付きなので非常に人気がある。新たな定番。
 『カードマジック入門事典』高木重朗・麦谷眞里(東京堂出版)
 ・入門でもいけるけど、初級くらいからが丁度良い。事典と併せれば、有名な古典技法・演目を一通りカバー出来る。

【そこそここなせるが、中級者になりたい人】
 『カードマジック事典』高木重朗(東京堂出版)
 ・あくまで事典、辞書。非常に淡々とした記述。 ある程度の知識・経験がないと使いこなせない。
 『テクニカルなカードマジック講座1~2』荒木一郎(東京堂出版)
 ・付属DVDはおまけ程度だが、有名人が出ているので価値はある。入門ではない。中級くらい。
























|