《ステイ・フォース》

《ステイ・フォース/Power of maintenance》

永続罠
自分フィールド上のモンスター1体がフィールド上から離れる効果を発動した時、
1000ライフポイントを払って発動できる。
そのモンスターはフィールド上から離れる必要はない。


フィールドを自然と離れる効果をもつ「セイヴァー」やコンタクト融合体をフィールドに維持するには有効なカード。

だが、1000ポイントを払えば相手がそれらのモンスターの別の効果まで無効にできてしまうことに注意。
また、1000ポイントを払って無効にできるのは起動効果1回のみである。

つまり、《E・HERO ストーム・ネオス》に対して適用した場合、魔法・罠の除去効果とフィールドを離れる効果を無効にするにはそれぞれの効果発動に対して1000ポイントを払わなければならないのである。

1000ポイントは初期ライフの8分の1であり馬鹿にならない数値なのでよほどフィールドに残したいモンスターが存在しない限り発動しないほうが無難であろう。
特にコンタクト融合体には、《ネオスペース》や《インスタント・ネオスペース》が存在することもあり、このカードの利用価値は極めて低い。

また、これらの効果をもつモンスターは全体的に強力な効果を持っていることが多いため、相手にも使用を許してしまうこのカードの効果はデメリットになる可能性も高い。

  • 原作・アニメにおいて―
アニメ5D'sの「遊星vsハラルド」戦において遊星が使用。
《セイヴァー・スター・ドラゴン》がエンドフェイズにフィールドを離れる効果を合計2000ポイント払い、2ターンの間フィールドに留めた。