《Sp-スピード・エナジー》

Sp(スピードスペル)-スピード・エナジー》

通常魔法
自分用スピードカウンターが2つ以上ある場合に、
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターの攻撃力はエンドフェイズ時まで
自分用スピードカウンターの数×200ポイントアップする。

自分のモンスターをパワーアップさせるスピードスペル。
発動時のスピードカウンターの数によっては、《Sp-ラピッド・ショットウィング》の上位互換にもなる。

スピードカウンターが2つ以上という条件はかなり緩いがその時に発動しても、攻撃力上昇値はわずかに400。
しかし5つあれば1000ポイントになる上、もし12個あれば2400ポイントアップする。

《スピードワールド》や《スピードワールド2》ではスピードスペル以外の魔法カードを使うと2000ダメージ
を負うため、モンスターの攻撃力面でのサポードとして、このカードは重要であると言えるだろう。

スピードカウンターを消費するわけではないのでそれなりに使いやすいカードであるといえよう。

  • 原作・アニメにおいて-
「遊星vs覆面Dホイーラー(ブルーノ)」において遊星が使用。このカードと《ガントレット・ウォリアー》を併用し、
《ドリル・ウォリアー》の攻撃力が3700となり、攻撃力3300の《TG ブレードガンナー MAXX-10000》を攻撃したが・・・。
また、この戦いでの覆面Dホイーラーの手札にも確認できる。

「アキvsアンドレ」においてアンドレが使用。スピードカウンターが12個ある状態で発動され、《サンダー・ユニコーン》の
攻撃力を4600に上げて《スターダスト・ドラゴン》を戦闘破壊した。

  「進化する決闘-スターダストvsレッド・デーモンズ」においても遊星が使用。《スターダスト・ドラゴン/バスター》の攻撃力を4200にし、
  《レッド・デーモンズ・ドラゴン/バスター》と相打ちした。

第115話の詰めライディングデュエルにおいて、第2ラウンドでジャックはこのカードを使うことはなかった。次に遊星はカードを使う順番通りにスピードカウンター6個の状態で、《ジェスター・クィーン》の攻撃力を1200ポイントアップした。