《冥王の間》

冥王(めいおう)()

永続罠
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
お互いの魔法・罠カードの発動を無効にする。
また、このカードはセットしたターンに発動する事ができる。

遊☆戯☆王R第3巻で登場した永続罠。魔法・罠の発動を無効にする効果を持つ。
《王宮の勅命》と《王宮のお触れ》を合わせたような効果であり、その制圧力は計り知れない。
デッキによってはこれ1枚で機能が停止するほどだが、これに加えて自前の《王家の神殿》を内蔵しており、実質手札に引けばその瞬間にロックをかけることが出来る。

発動したプレイヤー自身にもロックがかかるが、《神禽王アレクトール》と合わせれば相手のターンだけ一方的にロックをかけることも可能。

ただし、この手のロック系カードの常として、このカード自体へのチェーンは防げない。相手からすれば絶対に食らいたくないカードとなるので、まず阻止されると思った方がいい。
当然だが【フルモンスター】に対しては完全に無意味。また、既に発動している永続効果については防げないため、《王宮のお触れ》をチェーンされた場合無意味なカードと化す。

また、無効にするのは「カードの発動」であって「効果の発動」は防げないため、《天輪鐘楼》や《神の恵み》《魂吸収》、各種フィールド魔法の効果を防ぐことは出来ない。

これらは明確な弱点だがメリットでもあり、たとえばこのカードにチェーンして自ら《スキルドレイン》を発動すれば、相手がロックを突破する方法は非常に限られてくる。
遭遇率は低いものの《トラップ・イーター》が天敵なので、《虚無空間》や《大天使クリスティア》などで対策しておきたいが、自滅の危険も高いためほどほどにしておきたい。

  • 原作・アニメにおいて-
遊☆戯☆王R第3巻の特別読み切り「冥王、降臨!」における「闇遊戯VS百野真澄」戦にて闇遊戯が使用。セット直後に真澄の発動した罠カード《ディスアーム》にチェーンする形で発動され、その発動を無効にした。
それにより、《冥王竜ヴァンダルギオン》の誘発効果のトリガーとなった。
漫画版では効果は同じだがカウンター罠であり、発動後は永続魔法として場に残り続ける、という特殊な効果だった。