《砂の砦》

(すな)(とりで)

永続罠
相手フィールド上のモンスターが自分への直接攻撃を受けた時、
その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージが0になるように500ダメージにつき1つ、
ガードカウンターをこのカードの上に置く。
ガードカウンターが6つになった時、ダメージ計算後にこのカードを破壊する。
また、相手がコントロールするフィールド魔法カードが発動した時、このカードを破壊する。

遊☆戯☆王R第3巻で登場した永続罠カード。直接攻撃のダメージを軽減する効果を持つ。
カウンターを乗せることでダメージを軽減することが出来るが、直接攻撃にしか対応していない上、そのままでは3000ダメージまでしか防げない上、相手がフィールド魔法を発動すると自壊してしまう。

あくまで一時しのぎのカードとして考えるべきだろう。また、直接攻撃への対処ならばバトルフェイズ自体を終了させる《バトルフェーダー》などがあり、手札に持っていればいい分向こうの方が使いやすい。


  • 原作・アニメにて
遊☆戯☆王R第3巻の「遊戯VSデプレ」戦にて遊戯が使用。《イーバ・アブダクター》とコントロール奪取された《トイ・ソルジャー》の攻撃に対して発動し、ダメージを無効にした。

漫画では発動時は通常罠であり、その後フィールド魔法となる特殊な処理であった。当時のルールではフィールド魔法は互いの場を合わせて1枚しか存在できなかったのと、フィールドゾーン自体が存在しなかったため、デプレが次の自分のターンで伏せ状態から発動した《コズミック・スペース》に上書きされる形で破壊された。