《Sp-エンジェル・バトン》

Sp(スピードスペル)-エンジェル・バトン》

通常魔法
自分用スピードカウンターが2つ以上ある場合に発動する事ができる。
自分のデッキからカードを2枚ドローし、その後手札を1枚捨てる。

もはやスピードスペルの代名詞的存在。名前とイラスト、効果はあの《天使の施し》を連想させる。

発動条件が緩い上に、効果は強力。手札入れ替えができ、さらに手札は減らない。
墓地に送るカードは不要となったカードや《ネクロ・ガードナー》や《黄泉ガエル》などの墓地で効果を
発動するカードにしよう。

上級モンスターを捨てて、《リビングデッドの呼び声》で蘇生させる事を目的もするとよし、《ダンディライオン》の効果をその場
で使用するのもよし、である。

おそらく、制限リストがないので何もいえないが、制限カードとなるだろう。

  • 原作・アニメにおいて-
「遊星・クロウvsセキュリティ隊員2人」のタッグデュエルにおいてクロウの手札で存在していた。
実際に使用されたのは、「クロウvsボマー」でクロウが発動したときであり、クロウはその効果で《BF-漆黒のエルフェン》を墓地に送った。
その後は遊星が度々使用している。

しかし遊星専用になった訳ではなく、「アキvsアンドレ」でアキが使用している。
「ジャックvs偽ジャック」では偽ジャックが使用している事から、おそらくジャックのデッキにも入っているのだろう。

禁止カード、《天使の施し》の下位互換として、どのデュエルでもそれらしい働きをしている。
アニメでも何も言われてないが、制限カードかと思われたが・・・。

「遊星vsアンドレ」では、遊星が立て続けに2枚使用し、墓地に送ったカードを利用するというかなり現実的なプレイングをした。
また、「vsアンチノミー(2戦目)」においてもこのカードが2枚ある事が確認できる。

「遊星vs太郎」、「遊星vsハラルド」両戦とも遊星のターンに《ボルト・ヘッジホッグ》を墓地に送りつつ、《スターダスト・ドラゴン》のシンクロ召喚に繋げている。