《超越滅壊》

超越滅壊(ちょうえつめっかい)

通常罠
フィールド上のモンスターを破壊する効果が発動した時に発動できる。
その効果を「相手フィールドのカードを全て破壊する」に変更する。

漫画版5D’s第9巻で登場した通常罠カード。カード効果を書き換える効果を持つ。
《サンダー・ブレイク》などの単体除去カードがフィールド全体除去に化ける驚異の効果を持っているが、間違って相手の効果にチェーンした場合自分のフィールドが一掃されてしまう。

モンスターを破壊する効果であれば何でも構わないため、《スクラップ・ドラゴン》や《ブラック・ローズ・ドラゴン》などの効果にチェーン発動すれば、一方的に相手のフィールドのみをがら空きに出来る。

近年は破壊耐性や破壊をトリガーとするカードも増えているため、漫然と使うだけでは反撃を許してしまうこともあるが、それを引いても強力なカードの1枚であると言えよう。

  • 原作・アニメにおいて―
漫画版5D’s第9巻の「遊星VS究極神」戦において究極神が使用。《究極幻神 アルティミトル・ビシバールキン》(漫画効果)の全体除去にチェーンして発動し、遊星の場の永続魔法《集いし光》を破壊した。
だが、これによって《集いし光》の下に置かれていた決闘竜たちを墓地に送ってしまったことで《ファイナル・クロス》の発動条件を満たしてしまうこととなる。
結果論だが、このカードを発動したばかりに究極神は敗北することになった。