《竜皇の宝札》

竜皇(りゅうおう)宝札(ほうさつ)

通常魔法
自分フィールド上のドラゴン族モンスターを全てリリースし、
自分はその攻撃力の合計分のダメージを受ける。
その後、リリースしたモンスターの数だけ自分はデッキからカードをドローする。

第二期バリアン編・アストラル消滅~決戦で登場した通常魔法カード。
自分フィールド上のドラゴン族をリリースしてダメージを受け、リリースした数だけドローする効果を持つ。

ドラゴン族モンスターは総じて打点の高いものが多く、漫然と使うだけでは自滅することになる。
そのため、ダメージを抑えるために《ウィッシュ・ドラゴン》や《ドラゴノイド・ジェネレーター》のトークンを使うか、《レインボー・ライフ》とのコンボでライフ回復に変換するなどコンボを狙いたい。

肝心のドラゴン族を展開する手段だが、上のカードのほかヴァレットが候補になる。
また、《地獄の扉越し銃》をチェーンすれば、ダメージを押し付けつつ大量ドローが狙えるため、ドラゴン族主体の【ペンデュラム召喚】に組み込むのも面白い。

  • 原作・アニメにおいて―――
「ミザエルvsドン・サウザンド」においてミザエルが使用。
本来は《竜皇の崩御》?によるダメージでドン・サウザンドを1ターンキルする予定でドラゴン族を大量展開したが、ドン・サウザンドが《ヌメロン・ネットワーク》?を介してデッキから発動した《ヌメロン・リライティング・マジック》?によってこのカードの発動を強制され、結果ミザエルは敗北することになった。

ミザエルのデッキは「ミザエルvsIII&V」で見られた効果ダメージ対策が大量に組み込まれており、本来はそれらとのコンボを意図したものであるが、1ターン目に発動したことでデメリットのダメージが直撃した形である。