《ダイナマイト・ウォール》

《ダイナマイト・ウォール》

通常罠
相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
その攻撃モンスター1体と自分フィールド上に存在するモンスター1体を破壊する。
また、相手モンスターの攻撃宣言時に自分の墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。
その攻撃モンスター1体と自分フィールド上に存在する全てのカードをゲームから除外する。

WRGP編・プロローグ~クラッシュタウン編で登場した通常罠カード。攻撃モンスター1体と自分のモンスターを破壊する効果と、墓地から除外することで攻撃モンスター1体と自分フィールドのカード全てを除外する効果を持つ。

攻撃抑止というよりはモンスター除去のためのカードであるが、どちらの効果も相手からの攻撃宣言対応なので、現環境では遅い部類に入る。
墓地で発動する後半の効果は破壊を介さない除去であるためベエルゼなどにも有効であるが、道連れになるのが自分フィールドの全てのカードというデメリットが痛い。除外をアドバンテージに変える【次元帝】辺りなら採用の余地はあるだろうが、このカードと《マクロコスモス》の喰い合わせは悪い。


  • 原作・アニメにおいて―
アニメ5D'sにて、「遊星VSロットン」にてロットンが使用。セット状態から《ガトリング・オーガ》の効果で墓地に送られ、《ドリル・ウォリアー》の攻撃に対して後半の効果を発動。
発動宣言のタイミングで鬼柳が乱入してきたため一時中断され、その後再び発動が宣言された。

が、ロットンはこれに合わせて 本物のダイナマイトを使って坑道を爆破 。ロットン自身も含め居合わせた全員が吹き飛んでしまい、そのままデュエルが終わったため、結局最後まで効果は発動されなかった。