《ショック・ウェーブ》

《ショック・ウェーブ》

通常罠
自分のライフポイントが相手のライフポイントより少ない場合、
フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを破壊し、
破壊したモンスターの攻撃力分のダメージをお互いのプレイヤーは受ける。


ジャックがダークシグナーとなったカーリーと戦った時に使おうとした通常罠カード。
自分のライフポイントが相手より少ない時に発動できるエラッタ前の《破壊輪》のようなもの。

エラッタ前の《破壊輪》とは違い、自分のライフが相手より少なくなくては使えないので、やたらと使うことは危ないが、《ソウルテイカー》などで相手のライフポイントを回復させてやれば、能動的に使う事もできるようになる。

こちらは裏側表示モンスターを破壊する事ができるので、セットされたモンスターの除去としては有力。特に裏側守備表示で通常召喚されたモンスターは
攻撃力があまり高くないことが多いため、ライフポイントのダメージは少ないだろう。

エラッタ化の《破壊輪》は、1ターンに1枚しか発動できない制約と相手ライフ以下の攻撃力を持つ相手モンスター1体を破壊する効果に変わったが、バーン効果を受けるのはお互いのプレイヤーなので一致している。
もはや、エラッタ化の《破壊輪》とこちらのカードは効果別となってしまい、このカードのOCG化の需要生は低いと思われる。


  • 原作・アニメにおいて-
「ジャックvsカーリー」においてジャックが使用。このカードにより、《セイヴァー・デモン・ドラゴン》を破壊してお互いに4000ダメージを受け引き分けに持ち込もうとしたが・・・。

「ジャックvs偽ジャック(1戦目)」においては偽ジャックが使用。《エクスプロード・ウィング・ドラゴン》を破壊して2400ダメージを両者に与えた。

「ジャックvs甚兵衛」においてジャックが使用。
早期決着を試み、《オーバー・ゲイン》の効果により攻撃力が4000となった《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を破壊して捨て身の一撃として発動した。
しかし、《ホーリーエルフの祝福》によってかわされてしまう。