《スパーク・ブレイカー》

《スパーク・ブレイカー》

通常罠
自分フィールド上のモンスターを全て破壊する。

WRGP編・プロローグ~クラッシュタウン編で登場した通常罠カード。自分フィールドのモンスターを破壊する効果を持つ。
漫画版GXに登場した《セルフ・ボム》と全く同じ効果である。

普通、自分フィールド上のモンスターを能動的に破壊するのはディスアドバンテージでしかない。【スクラップ】は同カテゴリーのカードによる効果破壊がトリガーなので相性は悪い。
このカードを本気で使うつもりなら《ワイズ・コア》《漆黒の太陽》、【インティ&クイラ】など自己破壊で後バンテージを得る戦術を軸にすべきだろう。



  • コナミのゲーム作品において―
タッグフォース6でオリジナルカードとして収録。「1ターンに1度、自分フィールド上のモンスター1体を破壊することが出来る」という、任意効果の永続罠カードとなっており、アニメに比べて使い勝手が大幅に上昇している。
コントロール奪取のカードやバウンスにチェーン発動することで目論見を崩したり、手札に戻ると困る大型を墓地に落としたり、と色々悪用の方法はある。