《くず鉄のバリケード》

《くず(てつ)のバリケード》

カウンター罠 
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスター1体は、このターン相手のカードの効果では破壊されない。
発動後このカードは墓地へ送られず、そのままセットする。

WRGP編・プロローグ~クラッシュタウン編で登場したカウンター罠カード。
対象のモンスター1体を、発動ターンの間相手のカードによる効果破壊から守る効果と、発動した後そのままセットされる効果を持つ。

遊星が多用する《くず鉄のかかし》の系列に当たる再セット型の罠カードであるが、注目すべきはカウンター罠であること。
そのため、普通に進めていればこのカードの発動にチェーンするのはまず不可能であり、戦闘破壊耐性を持ったモンスターを守ればバウンス・除外など限られた方法でしか除去できなくなる。

さらに、カウンター罠には珍しく何かを無効にする効果ではなく、効果が持続するのも面白いところ。

《くず鉄のかかし》と同じ理由で二度目以降の発動は難しいが、戦略のカギとなるモンスターを守るためにはうってつけのカードと言える。

  • 原作・アニメにおいて―
アニメ5D'sの「クロウvs鉄蔵」において鉄蔵が使用。
クロウの発動した《BFシュート》に対してチェーン発動し、《マテーナル・ジャンク》を効果破壊から守った。