《スナイパー・モード》

《スナイパー・モード》

通常魔法
自分フィールドの機械族・レベル3以下のモンスターは、このターン直接攻撃できる。

遊☆戯☆王GX第4巻、「GX-29 闇の決闘!!」で登場した魔法カード。
レベル3以下の機械族モンスターで直接攻撃が可能となる。

低レベル機械族用の《エレキ―》。あまり使い勝手は良くない。
ただ、機皇帝で直接攻撃可能になるという点は少し魅力的かもしれない。

なお、原作ではデイビットのターン終了時にこのカードが消滅するという演出がある。
「発動したターンしか効果がない」という事を分かりやすくするための演出なのか、「本当にフィールドに残り続け、破壊することで直接攻撃を回避できる」という意味なのかは不明。

  • 原作・アニメにおいて―
漫画版GXにおける「万丈目VSデイビット」でデイビットが使用。《クオンティティー》3体による直接攻撃を可能にし、万条目に1500のダメージを与えた。
しかし《スペシャル・コーティング・ボディ》による戦闘破壊耐性を考えても、たった攻撃力500のモンスターを攻撃表示にするのはリスキーであり、実際この後手痛い仕返しを受ける事となる。
あくまで闇のデュエルによる精神的ダメージで相手を甚振るためだけに採用したのかもしれない。