《スマイル・キッズ》

《スマイル・キッズ》

効果モンスター
レベル1/光属性/天使族/攻撃力0/守備力0
手札を1枚墓地へ送る事で、このカードを手札から特殊召喚できる。
自分フィールド上に存在するこのカードが
カードの効果によって破壊され墓地へ送られた時、
自分のデッキから「スマイル・エンジェル」1体を特殊召喚できる。

WRGP編・プロローグ~クラッシュタウン編で登場した光属性・天使族の下級モンスター。
手札を1枚墓地に送ることで自身を手札から特殊召喚する召喚ルール効果と、フィールド上で効果破壊された時に《スマイル・エンジェル》をリクルートする誘発効果を持つ。
《スマイル・エンジェル》の専用リクルーターであるが、戦闘破壊には対応せず、効果破壊がトリガーとなるため他のリクルーターとは違った運用が求められる。そのため、能動的に自分のカードを破壊する手段が欲しいところ。
このカード自体は攻撃力・守備力とも0であるため、戦闘破壊の恰好の的となる。よって、可能な限り出したそのターンに破壊したい。「時」の任意効果であるためタイミング逃しが発生しうることにも注意。

リクルート先の《スマイル・エンジェル》は攻撃力1800のバニラであるが、これを積極的に狙うというよりはおまけとして扱った方が結果的にアドバンテージをとれる。
一番のシナジーは《スクラップ・ドラゴン》系列のシンクロモンスターで、自身の効果で破壊するカードにこのカードを選択すれば、相手の場や墓地を荒らしつつアタッカーを増やすことが出来る。

このカードの真価は、手札から特殊召喚できる低レベルモンスターであるということ。
手札コストが必要であり、「捨てる」ではないため一部のカード効果には非対応だが、軽いコストで特殊召喚できるのは大きい。特にシンクロ召喚を狙う場合のレベル調整や、ランク1のエクシーズ召喚には最適。

なお天使族ではあるが、蝶のような青系統の羽根や子供の姿から、どちらかというと妖精を思わせる。

  • 原作・アニメにおいて―
アニメ5D'sの「ジャックVSガロメ」戦においてジャックが使用。本来はリクルート先の《スマイル・エンジェル》ともどもマルコのカードであり、デュエル地蔵に賽銭として置かれていたものを借用して使用した。
自身の効果で特殊召喚された後《強制帰還装置》によりバウンスされ、その直後に再び自身の効果で特殊召喚された。ジャックの狙いはこのカードと《強制帰還装置》の手札コストで手札を0にすることにあり、この直後に発動された《ゼロ・ホール》の効果で他のカード諸共破壊され、《スマイル・エンジェル》をリクルートした。