《スピード・ワールド2》

《スピード・ワールド(ツー)

フィールド魔法
このカードはカードの効果を受けず、
フィールド魔法カードをセット及び発動できない。
お互いのスタンバイフェイズ時に
自分用スピードカウンターを1つ置く(最大12個まで)。
「Sp(スピードスペル)」 魔法カード以外の魔法カードをセット及び発動した場合、
そのコントローラーは2000ポイントのダメージを受ける。
お互いのプレイヤーは、自身のメインフェイズに
自分用スピードカウンターを以下の数だけ取り除いて発動できる。
●4個:手札の「Sp(スピードスペル)魔法カード1枚につき、
相手に800ポイントのダメージを与える。
●7個:自分のデッキからカード1枚ドローする。
●10個:フィールド上のカード1枚選んで破壊する。

《スピード・ワールド》の第2作目にして、バーン効果、ドロー効果、破壊効果を合わせ持った万能型のフィールド魔法。

前作では1000ポイント単位にスピードカウンターが強制的に取り除かれるが、今回は取り除かれることなくターンを進むことで溜まっていく。また、前作同様に先行のターンはスピードカウンターを置くことができない。

今作では、三つの効果を備えているので、ある程度溜まっていれば遠慮なく使っていきたい。

  • 一つ目の効果は「Sp(スピードスペル)」と名のついた魔法カードの枚数分のダメージを与えられる。
    手札事故になりかねるが、手札のスピードスペルが多ければ多い程大ダメージを与えられる。もし10枚のスピードスペルが揃っていればワンターンキルになって勝負がつくことになる。
    自分のターンに相手のライフを応じてセーフティンラインを超えていれば、この効果を使って決着をつけられる。
    また、2000ポイントのダメージ覚悟で相性がいいのは 《無限の手札》 《ハリケーン》 がある。
    ハリケーンを併用すれば期待通りのダメージが与えられる。


このカードの登場により、前作のフィールド魔法は使う必要はない。
このカードのオススメは上記のとおり《Sp-カウントアップ》《フルスロットル》なので、是非デッキに採用するといいだろう。

  • 原作・アニメにおいて―
遊戯王5D'sにおいてのライディングデュエルにおいて、65話から154話まで登場した。
第2章からのライディング・デュエルは前作のフィールド魔法の使用は破棄され、このカードで常に行われるようになる。
ライディングデュエルを開始すると共に、ネオドミノシティ全域で行う場合は車道と海面の水上からデュエルレースを構築され、一般車両と隔離されて行うことになる。
なお、デュエルレーンへの一般車両の進入は禁止だが、「ジャックVS偽ジャック」戦において、カーリーは自分の車でジャックのデュエルを観戦するために無断で進入した。

なお《スピード・ワールド》同様に実物のカードが存在している。
ルチアーノはデュエルボードを用いてのライディングデュエルの際に実物のカードを持ち出しているが、未来のものなのか、この時代にあるのかは不明。

  • コナミのゲーム作品において―
WDSでは採用されているが、タッグフォースシリーズでは4~SPまで一貫して未採用。
タッグフォース6では一応、設定上はライディングデュエルをしていることになっているが、グラフィック・ルールともスタンディングに準拠している。