白人国家による内政干渉

※補足説明
このページは「 白人国家による内政干渉」 という名称で作成されていましたが、民族(NATION)概念ならまだしも、人種(RACE)概念を持ち出すのは色々と問題が多いため、「 欧米諸国からの内政干渉 」に変更しました。またページ内容もどちらかというと日本人vs.白人という些か古いアジア主義を思わせるような認識がベースにあり、当サイトの基本スタンスからはかなりズレていますが、ページ作成者の意図を尊重して内容を微修正するに留めています。但し、そもそもオバマが米国大統領を務める時代に今更「白人優越主義」でもないだろうとは思います。他の編集者はこの“時代錯誤な”ページ内容を他山の石として同じミスを犯さないように注意しましょう。


当ページの目的

つい一昔前までは、内政干渉といえば中国や韓国、北朝鮮と言った「特定アジア」による日本に対するものをさすことが一般的でした。
ところが、昨今では欧州諸国や、米国から、日本に対して執拗な内政干渉が繰り広げられることになりました。
当ページでは、それらの欧米国家からの内政干渉について研究すると共に、このような内政干渉がなぜ起きたのか、なぜこうも執拗なのかについて追求します。
そもそも、内政干渉行為は国際法における「内政問題に関する相互不干渉」という最も基本的な原則に反しています。即ち、本来ならばこれら欧米人の執拗な内政干渉への反論は「内政干渉である」の一言でも事足ります。

主な欧米国家からの内政干渉

やはり、次の3点が特に多いと思われます。

死刑廃止問題

まずは死刑廃止論の正体をご覧ください。
米国による内政干渉は、当然自国も死刑を行っているため、ありませんが(むしろ日本と同様死刑廃止には反対の立場)、EUなど欧州諸国での内政干渉は極めて執拗です。
EUなどの国家では死刑が廃止されています。それは別に日本が口を出す問題でもありませんし、内政不干渉の原理から、死刑の廃止をする事も当事国の自由です。
ところが、死刑存置を一方的に悪と考え、他国にそれを要求するともなると話は変わってきます。
そもそも、EUと日本では国家を取り巻く環境が全く違います。自分たちの国土にあっているからと言って、それが即ち他国の風土に合うのかといえば全くの別問題ですが、それすら自覚できてないのが今のEU連中の頭脳なのです。
最近では、国連を使った執拗な内政干渉が目に余ります。幸いなことに、米国や中国といった大国が反対しており、未だに死刑廃止が国際的に支配的になるにいたっていません。
また、彼らは日本を標的にする事が多く、世界の死刑の大部分を占めるといわれる中国にはほとんど干渉していません。
つまり、 舐められている と考えて間違いないでしょう。

捕鯨問題


ショッキングな映像を含むので閲覧には注意して下さい
特にオーストラリアによる内政干渉が極めて激しいと言えます。また、同じ捕鯨国でありながら、欧米文化圏の国の場合はほとんど文句を言ってきません。
日本の捕鯨船に対して極めて執拗な妨害行為、またテロリストと何ら変わらぬテロ行為を繰り返し、負傷者まで出る始末であります。
では、捕鯨とは何か?もちろん日本の食文化のひとつでもあり、生活の知恵でもあります。
他国の食文化に干渉するのは極めて野暮と言えます。また日本が捕鯨してる鯨は絶滅危惧種ではなく、むしろ増えすぎて漁業に影響が出ている鯨なのです。鯨の増えすぎによって収穫が減ったと言う事例も当然あります。
簡単に言えば、山の中で苗木を植える際、時々成長の芳しくないものを取り除きます。
そうする事で、栄養が成長のよい木に集中し、かえって森全体にプラスになると言うものです。また、食べられるところ以外でも日本の場合は鯨を有効に利用しています。
ところが、欧米側の反論は「かわいそうだから」という極めて非論理的かつ感情的な話です。
これでは話し合いになりません。動物の捕食に優劣があるのでしょうか?
もし、これが成り立つなら牛の肉も鶏の肉にも同じ論理が成り立ちますが、決して白人はそんなことを言いません。もっとも、人間が生きていくには何らかの生命を犠牲にして生きていると言う厳然たる現実があるのですが・・・。
欧米系のこうした感情だけの横暴は、当事国の事情を無視した死刑廃止の執拗な要求の時とよく似ています。
昨今では、オーストラリアによる反日CMや、日本人の殺害・テロを奨励するような野蛮と言う言葉以外に言葉が見当たらないようなキャンペーンも繰り広げられており、 オーストラリアは欧米系では最も野蛮 (最も、イギリスから来たならずものの移民がオーストラリア人の起源なのであながち間違いではないが)とさえ言われているような状況になっています。
捕鯨やイルカの漁などは、日本がしているものであって、日本は欧米系の諸国に対して、このような漁を認めろなどという要求はしていません。
内政問題は相互不干渉であり、文化の問題ともなればなおさらです。
当然、鯨の捕鯨を非難しておきながら、自分たちはカンガルーを残酷な方法で殺して食べると言うダブルスタンダード振りを存分に発揮しています。

児童ポルノ法案などのフェミニズムの押し付け

まずは男女共同参画の正体をご覧ください。
この問題は、日本も強く言わないからいけないというのもありますが、日本そのものが付け入る隙を与えているのも問題です。
国連女子差別撤廃条約に加盟してしまうなど自爆としか言いようの無い話です。
それをいい事に、日本の伝統的な男女の役割分担等を否定し、男女の差を無くそうとする狂気の思想を押し付けています。
また、キリスト教的価値観を無闇に押し付け、その上でキリスト教の男女の差を無視するダブルスタンダードの元、日本の風土を全く考えずに、このような内政干渉を繰り返しています。
先ほども書きましたが、欧米にあっているからと言って日本に合うとは限りません。
なぜ日本が、欧米と同じような国土にならなければならないのでしょうか?
日本には日本の伝統があります。日本には日本の国土があります。
また、児童ポルノ法改正案の正体にもあるとおり、日本ばかりをこうした問題の後進国と罵ってますが、そもそも文化的価値観が全く違うのだから当たり前の話です。
アニメやマンガ・ゲームなどに対して、日本に規制を要求してきますが、日本のアニメ産業は世界シェアの7割以上とも言われ、ほぼ日本の独占状態となっています。
マンガ産業にいたっては欧州の(米国はアメコミと呼ばれる小規模勢力がある)土着漫画家はプロでも日本の同人誌以下のレベルと言うほどに格差が広がっており、端的に言えば太刀打ちできないのです。
こうした状態を快く思わないのか、自分たちが努力するのではなく、日本を妨害すると言う厚かましい態度に出たわけです。
また、マスコミのヲタク叩き報道と反日にもあるとおり、国内のメディアがヲタクを総攻撃している状況も好都合で、一番槍玉に挙げられやすいであろう「アダルトゲーム(俗に言うエロゲ)」の規制から要求すると言う、徐々に外堀から埋める作戦に出てきました。
アニメやマンガはともかく、アダルトゲームは日本国内の内需100%の産業で、欧米や日本以外のアジアはエロゲ会社から全く相手にされていません。
当たり前です、外国は表現の規制が厳しいのでとても販売できるような代物ではないからです。日本ではゴールデンタイムに堂々とやっているアニメでも外国では深夜枠だったり下手をすれば放送そのものが出来ないと言う事例も珍しくありません。ましては18禁の性描写つきゲームですからなおさらです。
つまり、日本でこのようなゲームを作ろうが欧米に販売するわけでもない、つまり白人にとって全く無関係で、気にする方が野暮というものです。
ところが、白人たちは自分たちが違法コピーした海賊版(所謂「割れ」)の一部が有害だと騒ぎ立てて日本に規制を要求しました。かの有名なイリュージョンの「レイプレイ事件」と呼ばれるものです。
事件の経緯は次の通りです。
アダルトゲーム(俗称エロゲ)の海外海賊版が英国内で蔓延している→これは極めて有害だと英国国会で大騒ぎ→フェミ団体などが日本に販売規制を要求
と言う手順で、そもそもアダルトゲーム会社からすれば国内でしか販売しないことを前提とした製品の海賊版を根拠にこんなものを売るなと要求されたのですからこれ以上理不尽なことはありません。
当然、海賊版を堂々と横行させている欧州も問題ですが、自分たちが違法なコピーをしておきながら日本国内だけの閉鎖的な産業に文句をつけるというこれ以上ないほどのあつかましさといえます。
更に、あるエロゲ会社がこうした反応を見て海外からのアクセスを遮断したこともありましたが、それに関しても「我々を客としてみてない」と逆切れしました。
はっきり言いますと、 違法コピーを行う連中など客ではありません 。まさしく、反日主義者の精神構造と一致しています。
最大の児童ポルノ発信国がアメリカでありながら、日本を「児童ポルノ大国」と罵ると言う態度は、極めて癪に障る厚かましい態度であり、こうした態度を続ければ、いずれ白人は痛い目に遭うであろう。

なぜこのようなことが?


特定アジアの内政干渉に弱腰になる日本を見てか

白人国家は、一昔前には日本に大きな内政干渉をしていません。
ところが、最近になって急激に激しさを増してます。
おそらくは、中国や韓国が日本に内政干渉をして、日本が弱腰になっていることを勉強し、厚かましい要求を便乗して行ったのではないかと思われます。
同じようなことをしていても、同じ白人や中国ならば目をつぶるという態度からも伺えます。

時代錯誤の白人優越主義(白人至上主義)

これも見逃せる問題ではありませんが、やはり未だに自分たちが「優等人種」と思い込んでいる節があるでしょう。
もし、大東亜戦争で日本が勝利すれば、このような内政干渉は白人は二度としなかったでしょう。

当サイト普及のために

↓欧米国家からの内政干渉を国民に知らせたい方はクリック!

ご協力ありがとうございました。

情報提供・意見

【反日】オーストラリアについて【国家】 (外部掲示板)
白人国家による内政干渉についての情報提供や意見がある方は掲示板でどうぞ。
ただし、wikiの編集が出来る方は、極力ご自身でページの編集をするようにしてください。
白人国家による内政干渉をご存知の方、または目撃された方はどんどん書き込んでいってください。
  • 本当の意味での"Cool-Japan"を世界に広める国になってほしい!大人の日本人,大人の日本文化を広める努力を。 -- 名無しさん (2014-01-18 12:40:50)
  • 特亜欧米問わずに毅然とした態度を貫く誇りある日本であるべき、日本は日本人に主権がある!決して外人の手に渡すな!-- 名無しさん (2015-03-27 16:09:53)
  • 日本は白人優越主義を脅かす国である。 -- 名無しさん (2016-08-27 22:49:28)
名前:
コメント:




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2017-04-25 08:02:28 (Tue)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2131




タグ検索 :



真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→ こちら



  基礎情報  

日本を良くする







  サイト運営  

サイト編集









周知活動





抗議・その他活動




  政党・政治家 

監視所



政治家関連







民進党









自民党








その他政党








立法・行政・司法・
経済・安全保障










 歴史問題・外交 

歴史問題




外交問題








  マスコミ  
















 反日主義 




 愛国・親日 



 保管庫・その他  






主要連動サイト



【現在のランキング】

取得中です。