女性国際戦犯法廷の正体

<目次>

女性国際戦犯法廷とは


女性国際戦犯法廷とは、2000年12月7日から12日にかけ、
「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク(VAWW-NETジャパン) を中心とする団体で構成された、
民間の運動(民衆法廷)です。

2000年には東京で開催され、2001年にはオランダで「最終判決」を発表。
主催者は国家や国際機関ではないので「判決」には法的拘束力はなく、この民間運動の意見である。
報道では「模擬法廷」と表現したり、「判決」のように法廷やその関連用語を固有名詞として「 」などで括るなど、
一般の裁判とは区別されている。( 女性国際戦犯法廷 -wikipedia)

この女性国際戦犯法廷という集会では、昭和天皇、安藤利吉、畑俊六、板垣征四郎、小林躋造、松井石根、寺内寿一、東條英機、梅津美治郎を、被告人と位置づけ、従軍慰安婦という嘘に基づき行われました。

その結果、女性国際戦犯法廷は、昭和天皇が有罪と結論を出しました。
女性国際戦犯法廷に賛同している団体は女性国際戦犯法廷賛同団体を参照して下さい。国内で298団体あります。



屈辱を忘れるな!日本軍の性奴隷制度を裁く女性国際戦犯法廷 1/3

屈辱を忘れるな!日本軍の性奴隷制度を裁く女性国際戦犯法廷 2/3

屈辱を忘れるな!日本軍の性奴隷制度を裁く女性国際戦犯法廷 3/3

「女性国際戦犯法廷」に沈黙した保守派の罪と罰 1/4

「女性国際戦犯法廷」に沈黙した保守派の罪と罰 2/4

「女性国際戦犯法廷」に沈黙した保守派の罪と罰 3/4

「女性国際戦犯法廷」に沈黙した保守派の罪と罰 4/4

内容

Eternty資料室 女性国際戦犯法廷の愚かさ より転載
同団体はこの法廷には以下の意義があると主張している。
   1.日本軍性奴隷被害者に正義と尊厳を
   2.戦時・性暴力不処罰の循環を断ち切る
   3.国境を越えた女性の力で開く民間法廷
以下は、法廷で規定している「加害国」と「被害国」のリストである。
   加害国 	日本 	  	VAWW-NETジャパン (代表 松井やより)
   被害国 	韓国 	  	挺身隊問題対策協議会 (代表 尹貞玉)
     	  	フィリピン 	女性の人権アジアセンター
     	  	中国 	  	上海慰安婦研究センター
     	  	台湾 	  	台北市婦女救援社会福利事業基金会
     	  	北朝鮮 	  	「従軍慰安婦」太平洋戦争補償対策委員会
     	  	インドネシア 	インドネシア女性連合 
加害者に加わるべき中国が被害者リストにのみ載っているところからしても、この法廷は偏っていると言える。又、日本人女性を散々レイプしたソ連兵が加害国にないことも不思議である。

当サイトでのVAWW-NETジャパンの評価

団体名 主な売国実績 売国度
VAWW-NETジャパン 正式名称:Violence Against Women in War Network Japan(「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク)
国家主義と軍事主義の問題、武力紛争と女性への暴力などを扱うことを目的として活動するとしているが、捏造慰安婦問題を積極的に取り組む反日団体。過去に女性国際戦犯法廷をNHKで放送しようとした大罪あり。
SSS+

参考




ご意見、情報提供

名前:
コメント:


当サイトは、日本人の自虐史観(東京裁判史観)からの完全脱却を応援します。

    当サイトは日本唯一の愛国放送・チャンネル桜を応援しています!


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2017-11-20 01:21:37 (Mon)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2142




タグ検索 :



真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→ こちら



  基礎情報  

日本を良くする







  サイト運営  

サイト編集









周知活動





抗議・その他活動




  政党・政治家 

監視所



政治家関連







民進党









自民党








その他政党








立法・行政・司法・
経済・安全保障










 歴史問題・外交 

歴史問題




外交問題








  マスコミ  
















 反日主義 




 愛国・親日 



 保管庫・その他  






主要連動サイト



【現在のランキング】

取得中です。